≪06月   2018年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
シオデを食す・・・
この時期にしか食べられない山菜、シオデについては2015年と2017年の記事にも書いた。

先日草刈りをしていて食べごろのシオデを見つけ、夕餉の一品に加えた。


今日は同じところでまた数本の食べごろのシオデを発見。



家の裏山に生えてくるので毎年季節を感じるものとしてありがたくいただいている。


わざわざシオデを採るために他所の山に行くことはないだろうな。


もっとも当てもなく行ったとしても見つけられるものではない。

秋遅くに黒い実が成っている見事な蔓を見つけ、そこをよく覚えて居なければね。


地域の特産物にしようと人工的に植える試みもされたが、あまりに効率が悪くてあきらめられたようだ。

そうだろうなー、新芽の先のちょっとだけしか食べられないものだから。

今年は秋に実をとって、付近の山に蒔き付けてみようかな?
シンボル・ツリー・・・
その家で一番大きくて目立つ木をシンボルツリーと呼ぶのだろうが、うちではその候補の木がたくさんある。

キハダ、トチノキ、ネムノキ、クヌギ、エノキ、ユリノキなど数本の大きな木があるが、どれにもそれぞれ思い入れがあってどれか一本を選ぶのは難しいな。




数週間前に花をいっぱいつけていたハクウンボク。

これだけ大きくて花をいっぱいつける木は自然の状態ではなかなか無い。


060_20180626222659a5a.jpg

これもシンボルツリー候補のシナノキ。

この辺りにはほとんど見られない木だが、たまたま自分の家の山に小さな木があるのを見つけて移植したもの。

周りに木が無いのでのびのび育って樹形がいい。


042_20180626222657ffe.jpg

自宅に植えてから15年ぐらいたつだろうか。

この頃は毎年花を付けるようになった。

特に今年はびっしりと咲いている。

菩提樹の仲間なので高貴な良い香りが辺り一面に漂う。


052_201806262226556e0.jpg

もともとは飼っている蜜蜂の蜜源になるように植えたものだが、やっぱり蜜蜂が来ています。


さて将来は木が大きく育って、家が見えなくなってしまうでしょうね。
掘り出し物・・・?
漁港で釣り糸を垂らす事が趣味の一つになって来ています。

今年になってから3回、サビキ釣りをしてそれなりの釣果が出ていますね。



防波堤から釣りをするときに、車止めのブロックに釣り竿を固定する道具が売られていたり、皆さん工夫して作っているようです。

私も同じようなのを4つ、作ってみました。


角パイプとアジャスターを使って固定するもので、サビキ釣りをするとき椅子に座ったまま屈まなくてもいいように、ちょっと高めになっています。

強度は充分で、人がぶら下がっても大丈夫なぐらいでしょう。


一番の特長は、竿立てが付いていること。

魚がかかったのを針から外す時、普通は竿を地面に置きますがそれだと糸が絡まったり竿が傷んだり。

竿を立てておくと作業が楽です。

ちなみにこの時はサバとイワシが釣れました。


休日などで人が多いときはあまり場所を取るのはどうかと思いますが、平日で人が少ないときだったら2本、3本と竿を連ねるのもいいかと思います。

たまに一人で10本近くもの竿を出している人を見かけますが、竿の固定では涙ぐましい苦労をしているようです。



003_20180615020646d31.jpg


先日、取引のあるところから「マメトラの管理機が入ったよ」との連絡。

行ってみると、埃だらけの古い管理機、タイヤも空気が抜けている。

エンジンもかかるかどうかも怪しい・・・と言うことで、交渉して譲り受けました。



家に持ち帰るとすぐに高圧洗浄機で泥や埃を落とし、キャブレターを分解整備、固くなっていた燃料ホースを交換、ガソリンを入れてスターターを引くと・・・


すぐにエンジン復活。

各部も問題なく動くようです。

この機種はネギ農家向けに作られているようで、狭い畝の中を歩いて培土に使うのに便利でしょうね。


005_2018061502064752b.jpg

気になる下回りを覗いてみると・・・

普通は土が当たるのでこのケースが一番先に錆びるのですが、全く錆びていない。

どうやらほとんど使われないで倉庫に眠っていた機械のようです。


お天気が良くなったら畑で動かして見ようかな。
いろんなこと…
先日のこと、夕方海に遊びに行くと・・・



浜辺に大量の海藻が打ち上げられている。


ああ、これ欲しいなー、目的は畑に入れるため。

畑の野菜が美味しくなるためには微量要素が必要だ。

海藻を入れればミネラルやヨードが補給されるからね。


しばらく見ていると・・・


024_20180610180611a6f.jpg


散歩中の地元のおばさん参上


「兄ちゃん、何見てる・・・  おおお、これはワカメだ。珍しいなーこんなに打ち上げられるなんて。これは拾おう。兄ちゃんも持ってケー」


025_20180610180615aeb.jpg

聴きつけた近所のおばさんも現れて、ワカメを砂浜に引き上げる。

こうして次の日一日乾かしてから湯通ししたりするらしい。


昔はワカメが打ち上げられると近所の人たちがワッと集まり拾ったそうだ。

自分たちで食べたり、それを売ってお小遣いになっていたのだろう。


034_20180610180614ada.jpg

車に積んでいたコンテナボックスにたくさん拾ってきた。

目的の畑の肥やしに・・・


037_20180610180616e7f.jpg

まだ小さいのを湯通しして乾燥ワカメにしよう。

この後、茎をとって乾かした後小さく切って保存した。


040_201806101806216ff.jpg

例年より10日ほど早くニンニクの収穫。

梅雨に入ってしまうと雨が多く、収穫には適さないからね。


今年の出来はまずまず。右の列と左の列でだいぶ出来が違う。

肥料のせいか、土地の酸性度のせいか。


044_201806101806196c7.jpg

収穫したニンニクは束ねていつもの所へ。

毎年同じ風景。


047_20180610180619852.jpg

昨日の夕方は仲間5人とウナギ釣りに。

私は50センチクラスが1匹。

今日の昼には二人分のウナギ丼になりました。


「幸せな釣りと幸せな家庭は両立しない」と言われますが、釣ってきた獲物が美味しければねー


049_20180610180621a7f.jpg


ウナギと言えば、この時期に忘れられない味、山椒の若い実が出来ました。

摘み取ってちりめん山椒を作りましょう。 独特の風味が食欲をそそります。
おかしいなー・・・
先日上げた日記に記事が入っていませんでしたね。

おかしいなー、最後にボタンをクリックし忘れたのかな。


はじめてサビキ釣りに行ったら小さなサバが150匹も釣れたので、急いで帰って捌いて半分は味噌煮に、残りは唐揚げに。

食べきれないほどあるので友人にも上げました。


今頃の小さな魚はアジが一番、次がイワシ、次がサバとか。


しかし、あげたてはサバもおいしいですよ。



003_20180602214232e17.jpg
007_20180602214232d7d.jpg
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.