≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
デジカメのテスト
またデジカメを買っちゃいました。

今回はオークションで10年前のコンパクトデジカメです。



庭のシュウメイギク。おお、きれいな描写です。

014_201710022127479d5.jpg

今シーズンはもう使わない管理機をきれいに洗いました。

こちらの写りはまあまあかな。


今コンパクトなデジカメがすごく進歩していて、次に買うのはコンパクトなものを・・・と思っていますが、急に最新のものにしてもどれだけいいのかわかりません。

3世代ぐらい前の機種から使ってみれば、進化がよくわかると思うのでまずはこれで練習してみましょう。

デジカメについては後でじっくりと書くつもりです。
畑のお仕事・・・
今朝、ゆうパックで届いたのは・・・



オークションで落札したポータブルCDプレーヤーです。

先日の真空管アンプにつないで鳴らします。うん、これはいい買い物でした。


さあ今日はお天気もいいので畑のお仕事をしましょう。

DSC00086_2017093020354228f.jpg


有機肥料を入れた畑を管理機で耕して・・・


DSC00090.jpg

鍋物に欠かせない水菜や小松菜、ルッコラ等を蒔きました。

10月末には霜が降るのでそれまでにバジルは鉢にあげて冬の管理をします。


DSC00100.jpg

前もってマルチを張って準備しておいた畝にニンニクの植え付け。

今年は1kgの種を植えました。

続けて2年間不作でしたので、今シーズンはうまくできるといいな。


DSC00103.jpg

今日は渓流釣り最後の日です。

夕方いつもの川で竿を出しました。

まあまあの良型、よし、これで竿納めとしましょう。
マツブサを探して・・・
先の日曜日、ちょっと時間があったのでマツブサの掘ってこられるぐらいの苗を探してあちこち歩きました。

山道をゆっくり車で走りながら、林縁の植物を目を凝らして見ていくが、なかなか見つからないなー。

たまに特徴のある葉っぱを見つけ車を停めるが・・・残念、オスの木です。

小さくて実をつけているものはそんなに簡単に見つかるものでもないのは良くわかっていますが。




以前、小さな苗を見つけた山に向かう。確かこの先にあったような。


004_20170927212430336.jpg

杉林の中につる植物が。

これはマタタビでしょう。

サルナシ、野ブドウ、マタタビなど同じような蔓があります。


006_2017092721243275b.jpg

うひゃー、イノシシが体をゴシゴシする松の木。

幹には牙で付けた傷も見える。こんなところでゴロゴロしているんだろうなー。

目指すマツブサはまさにこのすぐ下に・・・。


012_20170927212433c9b.jpg

見つけましたー。自然の状態で、これなら掘り出せそうな細いツルです。

持っていた蛍光色のテープで印をして置きました。

秋も深まったころか、来年の春にでも掘ってきて植えましょう。


013_20170927212426090.jpg

毎年花が咲いた頃ブログにのせているシャコバサボテン、春にも葉を摘みますが、今の時期にももう一度葉を摘みます。

春から伸びた分を摘んで、その先に花芽をつけさせるためです。

垂れ下がった葉っぱに花を付けさせた方がシャコバサボテンらしいのですが、たくさん咲かせるので咲いた時の形を想像して小さめに作ります。

この時期に水を上げるとまた葉が出てくるので、葉を摘む前後2週間ぐらいは全く水をやりません。

また、夜の時間が昼の時間よりも長くならないと花芽をつけないので、夜は灯りが無いところに、どうしても明るいところに置くときは段ボール箱をかぶせるなどして暗くする事です。

また今年もたくさん咲いてくれるでしょう。
今宵の月は・・・
彼岸を過ぎ、グッと日が短くなったなー・・・。

夕方まで作業場で仕事をして帰ってくるころは、辺りはすっかり日が暮れている。


道端の植え込みからは、いろんな虫の声が聞こえる。

ああ、あれはエンマコオロギ、こっちはツヅレサセコオロギ ツツジの上で鳴いているのはカンタンやウマオイか・・・。

この頃、鳴く虫に興味を持ったおかげで楽しみが増えました。





山の上にはきれいな月が見える。


DSCN3051.jpg

月のアップ。コンパクトなデジカメでもこれぐらいに撮れます。

今日の月齢は6.2。 明日は上弦の月が見られます。


部屋に入ると・・・

DSCN3040.jpg

スズムシの声がにぎやかです。

水槽を上から撮った写真。

水槽内に赤玉土を敷き、植木鉢や木炭で隠れ家を作ってあげました。

白い容器に粉末のスズムシのエサ、ミズゴケにはたっぷり水を含ませて水飲み場に。


エサには当初キュウリやナスをやりましたが、南瓜が好きなようです。茹でた南瓜も食べますね。

今日は青いトマトを与えています。

茹で卵の黄身も好きなようです。

何時も鳴いていると、その声になれてしまってうるさいとは感じません。

これから2か月近く鳴いてくれると思います。


そのあとは勿論・・・、卵からの繁殖に期待しています。
マツブサ酒を作る・・・
ずっと大事に育ててきたマツブサが今年初めてたくさんの実をつけました。



独特の松の匂いのする実を果実酒にしたいが、自然のマツブサを探すのは一苦労。

そこで、実のなる♀木を探して庭に植えて実をとろうと目論んだ。

あちこち探したが、なかなかマツブサが見つからず、あきらめかけた時に裏山で小さな苗を発見。

庭に植えて4年目ぐらいでやっと花が咲いたと思ったらカミキリムシの害にあって枯れてしまった。

駄目だと思ったら、根元からヒコばえが生えてきた。

そのヒコばえを、今度は虫にやられないように気をつけながら育てて6年目ぐらいか?


去年は実が採れそうな頃に次々と落果してしまい収穫できなかったが、今年は大丈夫でした。

実の表面にしわが出てきたのでそろそろ収穫時期でしょう。


007_20170919202946b0c.jpg

房ごと採ると、結構な量がありました。

夜、房から一粒づつ取ると500グラム以上1キロ未満かな?

小さな果実酒瓶を用意していましたが、結構量があったので5リットルの果実酒瓶に変更。

氷砂糖と1.8リットルのホワイトリカーを入れましたが更に0.9リットルぐらい追加しようと思います。


マツブサ酒は薬効があると言われています。

私はとくに果実酒が好きなわけではありませんが、一年ぐらい過ぎたら少量づつ味わってみましょう。

何しろここまで10年もかかっている果実酒ですから。
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.