≪04月   2017年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
経験値が上がりましたー・・・
今日は朝から小雨模様。こんな時にやりたいことがあります。

この頃貰ってきたバインダー(小型の稲刈り機)の改造です。

欲しかった機種ですが、とにかく古い。クボタのシリーズの最初の頃かな。


エアーで大まかな埃を払ってガソリンを入れ替え。

チョークを引いてスターターロープを引くと難なくエンジンがかかりました。


おおーっ、やっぱりクボタの電子エンジン・・・と思ったらキャブレターからガソリンが漏れてくる。


お約束のオーバーフローです。

キャブレターのカップを外して見るとやはり中はサビサビ。


一度きれいに落として組みなおしてもう一度始動させようとすると・・・


頼りない音とともにリコイルが伸びっぱなしに。

はああ~~、リコイルスターターのゼンマイが切れたな。


普通はここであきらめます。   が、やってやれないことはないとリコイルスターターを分解。


ばらして見るとやはり軸の取り付け部でゼンマイが折れています。


ここは何度もやった修理。

折れたゼンマイはそのままでは曲がらない、焼きが入っていますからね。

一部分だけバーナーであぶって焼きを戻し、慎重にペンチでこじると・・・曲がりました。


この曲がった部分を中心の軸にひっかけるのがまた難しいが、穴からドライバーで押しておいて回すと引っかかりました。

ふう、良かった。動きが鈍いのには潤滑剤を吹きかけるとスムーズになりました。

リコイルを取り付けて再度挑戦。


うーん、今度はエンジンがかからない。

掃除した時の細かなゴミが穴に詰まったか??

いずれキャブレターの分解が必要でしょう。

リコイルを引っ張る腕が痛くなったので今日の作業はここまで。



用事で出かけたついでにいつもの整備工場に。

今度はパジェロミニにしたことなどを立ち話していると・・・

おや、前輪の空気圧が足りないな。


ちょっと工具を借りてエアーを入れようかな、と思ったら整備士さんがエアーを入れるバルブを指して「これがダメだよ」

はあ、これは盲点でした。 指で片側に曲げるとシューッと音がする。

タイヤに釘でも刺さったかと一通り見ましたが、まさかこんなところから漏れるとは。

やはり古い車、タイヤもですがこんなところも劣化している。

タイヤを外して、一度タイヤを片側だけリムから外してエアバルブを交換、その後組み上げて取り付けてもらいました。


工賃2,500円也。

診断料も入っていますのでしょうがない値段でしょう。

何より新しい経験になりました。これからは気をつけます。

タイヤを交換するときは必ずバルブも交換するべきです。何しろ安い部品ですからね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。