≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
またまたレストアです・・・
知人宅から大型の耕運機をもらってきました。数年前から外に放置されていましたが、今ならレストアできそうと話してみてよかった。



今は芋ほり機がついています。雨だれの落ちる日陰だったのできれいとはいえませんが・・・。

IMG_5213_1_1.jpg

クボタは農機具の一流メーカー、直せばよくなるはずです。
タイヤもパンクしていて自走できないのでクレーンで吊っています。

IMG_5209_1_1.jpg

型式のK-9は9馬力ということでしょう。今は耕運機といえばお手軽な機種を言います。200キロを越すこの耕運機は扱いに体力を要しますね。

IMG_5218_1_1.jpg

先ずは外せるカバー類を全部外して・・・。まあ予想通りですが。

IMG_5224_1_1.jpg

エアーでごみを引き飛ばしたら、洗油や洗剤を使って油を落とし磨き上げていきます。

もちろん悪いところをチェックしながら。クボタの独特のオレンジがきれいだ。

IMG_5229_1_1.jpg

一通り洗い終わったら、例によって燃料系統をチェック。

タンク→ストレーナー→噴射ポンプと点検&エアー抜き。

固着したデコンプレバーを直してクランキングしてみると・・・ビキッビキッっと反応あり。

IMG_5236_1_1.jpg

おおっ、これは行けるぞ!!となおもクランクを回すと・・・かかりました。

ふー、第一関門通過。 結構低速も効きます。圧縮は充分ですね。

IMG_5252_1_1.jpg

芋ほり機を外して耕運ロータリーをつけると、ずいぶんフロントへビーに感じた車体もバランスがいい。

ひとまず安心して、次は悪いところをチェック。

IMG_5241_1_1.jpg

ヘッドをとめるネジ部からわずかに排気がある。以前ヘッドを外したことがあるみたいだ。

IMG_5242_1_1.jpg

燃料ストレーナ付近から燃料漏れ。ホース・パッキン類は全部交換しましょう。

IMG_5258_1_1.jpg

クラッチが固着しているのでオーバーホール。これは乾式多板クラッチ。さっきエンジンがかかったときにギアを入れないでよかった。もし入れたら暴走してシャッターを突き破っただろうね。

他には冷却ファンベルト調整、各部カバーの塗装、グリップの交換、各取り付けネジの交換、ギアオイル交換などかな・・・。

おっと、問題がタイヤ交換。めったに出ないこのサイズのタイヤ、値段を問い合わせるのも怖いが。

早く仕上げて畑デビューさせますぞー。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
突然すみませんが教えてください!
突然すみません。クボタk9レストアの記事を見て教えてほしい事があります。
私はクボタk9に芋掘り機を付けたく色々調べていました。
しかし耕運機から動力をとるのに変換パーツみたいなのがあるのか調べていました。
そこで写真を拝見しましたら私が希望しているパーツ?が写っていたので連絡してしましました。
そのプーリーがついている変換パーツは製品として売っているのでしょうか?それとも自作品でしょうhか?
クボタディーラーに聞いてもさっぱりなのでどうか教えてください。
宜しくお願いします。
2013/07/23(火) 21:31 | URL | 川崎 充 #-[編集]
川崎さん・・・
こんばんは

オー、よくこんな昔の記事にたどり着きましたね。

プーリーですが、農機具屋さんにもありますし、機械屋さんの管轄でもあります。希望の大きさのプーリーがあって、中心の穴の大きさも規格があります。

そのプーリーを取り付ける際に、滑って回転しないように溝に細いキーを差し込むのですが、その溝は加工が必要です。

無理やりネジで止めたり溶接してしまう人もいますがね。

耕運機本体には動力を取り出せるシャフトは出ている(ついている)と思います。

シャフト径が合えば、ヤクオフに中古部品も出ているはずです。
2013/07/23(火) 22:40 | URL | 568 #-[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/21(月) 21:14 | | #[編集]
芋ほり機について問い合わせです
はじめまして 田中と申します 2010年3月のブログを拝見させていただきました 今回 画像拝見しまして 教えていただきたいことがあります 芋掘り機ですが この年代の芋掘り機は 型式 またはメーカー わかれば 教えてください どこかに名盤とか どこかに記載されていればありがたいです 突然のメールですがお手数ですが 回答よろしくです
2017/08/21(月) 21:17 | URL | 田中 #-[編集]
田中さんへ
こんばんは

コメントありがとうございます。

実はこの耕運機、芋ほり機とともに、先日手放してしまいました。歳のせいで、エンジンをかけるのがつらくなってきたためです。

芋ほり機のメーカーは、わかりません。それほど興味が無かったもので、すみません。

芋ほり機自体は探せばありますよ。友人宅にも2台あるはず。

私が手放したものも、まだ中古屋さんにあるかな?

先のコメントで、プーリーから動力をとると書きましたが間違いで、ロータリーの動力をとるところからです。

ロータリーの起動のレバーを入れれば芋ほり機が回るようになっていました。

またご質問ください。
2017/08/21(月) 21:55 | URL | 568 #-[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/23(水) 21:55 | | #[編集]
回答ありがとうです まず 芋掘り機は画像を拝見した限りでは 横に名盤が貼ってあったように見えました この芋掘り機のメーカーがどうしても知りたかったのでメールさせていただきました この形の芋掘り機はかなり古いと思いますがどうしても型式とメーカーわかれば幸いです あと 耕運機用ですがロータリーを起動させれば動くものでしょうか それとも ベルトがゆるくしてあって芋掘り機の本体のレバーで張りを更に張って動かすのでしょうか〔耕運機のローターリレバーを入れて更に芋掘り機のレバーを入れて動かして止めるときは芋掘り機のレバーで仮止めするのでしょうか〕
手放したのは残念ですが どうしてもその画像の芋掘り機のメーカーと型式を知りたいのです その画像の物にこだわりがあるからです  ぶしつけなメールですいません
2017/08/23(水) 21:57 | URL | 田中 #-[編集]
田中さん・・・
今晩は

そこまでこだわりがあるならご期待に添えるようにしましょう。

近所で同じものがあると思うので、今度の週末に写真を撮ってきます。
2017/08/24(木) 21:15 | URL | 568 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .