≪04月   2017年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大きな炭窯が・・・
続けて記録していた大きな炭窯、今日はドーム状に土を盛る「はち上げ」と言う作業。

炭窯作りのメインとなる重要な作業です。

083.jpg

地域の炭焼き経験者が十数名集まっての大掛かりな作業も、夕方には予定通り出来上がりました。


072_20150330214154416.jpg

窯の焚口は窯の顔、丁寧にたたいて強度を出します。

明日以降は屋根がけと、徐々に火を入れて乾きはじまったドームをさらに叩いて叩いて・・・。

今入っている木は窯の乾燥用でほとんど燃え尽きさせて、次からが本格的な炭焼き。


これだけ大きな窯だと木を割って入れて、炭化した炭を出すまでには一か月近くかかります。

最初の炭出しが楽しみですねー。


088_20150330214156879.jpg

さて私は床にクッションフロアーを張る作業。

家は新築して8年目に入りますが(確か??)実はまだ完成していません。

徐々に出来上がっていくのもいいかなーと、わざと未完成な部分を残しています。

いつも居る薪ストーブのあるリビングの床はコンクリートのままでした。

ここに板を張ろうかと思っていましたが、どうも具合が悪い。

やむなくクッションフロアーを張ることにしました、・・・・・自分で。

これぐらいの仕事で業者さんを頼んでも、今の時期すぐには来てもらえないでしょうし、自分の経験値も上がりますからね。

一日目は試行錯誤、これからは順調に進んで、まあ三日もあれば終わるでしょう。

今はネットと言う便利な先生も付いていますから。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大きいね
お早うございます。

大きな炭釜ですね。
このようね作業ができる方がだんだん少なくなって来たのではないでしょうか。
技術継承でしょうか?
2015/04/01(水) 09:51 | URL | 蜂之丞 #-[編集]
大きいですよー・・・
たぶんトップクラスの大きさでしょう。

このような炭窯がこれを含めて3基揃います。

お手伝いの方たちの年齢から考えると、今後は難しくなるでしょうね。すぐ下に見える炭窯を作ったのは20年前と言うことです。
2015/04/01(水) 17:59 | URL | 五六蜂 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。