≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
サワフタギと言う木・・・
日本蜜蜂を飼うのは勿論趣味の内だが、その楽しみ方も人それぞれ・・・

たくさんの蜂群を求める人もいれば、ハチミツを取ることを目的とする人も。

ペットとして愛玩する人もいれば、もっぱら研究材料とする人も・・・。

私の場合は・・・蜜源樹を増やすことかなー?

トチノキやキハダ、シナノキなどは将来有望な蜜源樹としたいため。


さて、去年サワフタギが蜜源になることを知った。

普段はそれほど気にかけることもない、ごくありふれた低木。

田んぼの周りで邪魔なので刈り払っている木。

たまに紫色の実が付いたものを見かけることもあったが。



昨日、知り合いの所でミツバチがブンブン群れになっているとの電話。

すぐに行ってみるが、すでに群れはいない。

どこかに蜂球が出来ていないかなー、と探していると目についた木がある。



白い花はウワミズザクラにも似ているような。

DSC00012.jpg

大きく広がった枝に、すごくたくさんの花が付いている。

葉を見ると、これはサワフタギのようだ。

DSC00014.jpg

何時ごろ植えられたのだろう。これほど大きなサワフタギは他所でも見られるのだろうか。

全体では10メートルぐらいありそうだ。


DSC00008.jpg

そしてお約束のこの幼虫。

シロシタホタルガの幼虫が付いていることが多いのだ。

うーむ、見事だ。

今年の春に植えようと思ったが時期を逃した。

来年こそは植えよう。

今日の夕方、ゴンの散歩のついでに幼木を探して歩くとちょうどいい木を見つけた。

高さは1.5メートルぐらい。白い小さな花を付けていた。

よっしゃー、今年の秋には掘り上げますぞー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .