≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
薪を割りました・・・
正確には薪の原木を割って薪を作りました、かな?


今日は朝早くから道路愛護の清掃活動、あ~眠い。


さて、薪割り機が完成したのでさっそく使ってみたい。

仕事場の前に積んであった細いクヌギやスギ・ヒノキを玉切り。


妻を呼んでやらせてみると、「これは面白いわね」と次々に割ってしまいました。




もうちょっと手ごわいのを割ってみたいな、と思いついたのは今年の冬に伐っておいたエノキ。

やったことがある人はわかると思いますが、エノキは非常に割りにくい樹種です。

独特の粘りがあって、斧を寄せ付けません。


例の、レストアしたハスクバーナ346XPで玉切りしてきました。


014_20140427201407346.jpg

直径が30センチ近いこのエノキが割れるだろうか?

もし割れたら「5トンあればどんな薪でも割れる!」はちょっと言い過ぎ


「5トンあれば、ちょっと工夫すれば多様な樹種にも対応できる」ぐらいは言えそうです。


で、写真が先に出ちゃいましたが割れました。

ほとんど針が振れない圧力計が、この時はちょっと上がりましたね。

本体のH鋼の刃の部分がねじれて曲がるのが分かります。

ギシギシっとこすれる音もします。


016_20140427201408ce5.jpg

このエノキが小さいころから何度も枝を切ったり芯をつめたりしているので中はこんな状態。

それなりに工夫しなければスムーズには割れません。


024_20140427201409604.jpg

こんな薪を斧で割るのはほとんど無理でしょうね。


029_20140427201430077.jpg

それぞれの木の中心部にこんな割れない部分が入っていました。

斧で割る時は「割れる薪を割る、割れない薪はブロック薪にする」でしたが、これなら全部割れそうです。


027_20140427201403951.jpg

それほど時間もかけずに割り終えました。

作業場にできた薪の山。


032_20140427201429d55.jpg

このままにもできないのですぐに運んで積みました。

下からスギ、エノキ、クヌギです。いずれも焚き付け用なので細かく割っています。

思えば薪割り機を作りたいきっかけの一つは「美しい薪棚を作るため」


今日積んだ棚は内側で目立たないのでラフに積みましたが、この外側の目立つところにもう2列積む予定です。


たぶん連休のころ届く樫の木の薪、そちらはじっくり時間をかけて美しく積みましょう。

何しろ一度積むと、5年ぐらいはそのままになりそうですから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
祝!完成!
スゴい!の一言です〜

薪割りは重労働の部類だと思いますし、ちょっとしたコツも必要な職人技だと思いますので、素晴らしい作品ですね!

薪ストーブは憧れますが、燃料の確保にかかる材料費だってバカにならないですもんねー。

ウチは風呂焚き用の薪割りが重労働です、父にとって…(笑)
2014/04/29(火) 23:48 | URL | だっち #-[編集]
だっちさん・・・
あーいいな、薪のお風呂。

五右衛門釜だったら最高。

ずっと先になりますが、五右衛門風呂を自作するかもしれません。
2014/04/30(水) 21:53 | URL | 568 #-[編集]
素敵
いつ出来るのかと
ちょっと楽しみにしていました。

私は諸事情により薪ストーブはあきらめました。
斧というか鉞というか・・・ガキの頃は薪割りは楽しかったですね。爽快感が忘れられません。

スカッとさわやか薪割り!!

家族との話し合いで諦めましたが、もし、薪ストーブを設置できたら「薪割り機」は買おうと思っていました・・・楽をしたいが為です。o@(^-^)@o。ニコッ♪
2014/04/30(水) 23:18 | URL | ジャガー #mQop/nM.[編集]
ジャガーさん・・・
おひさしぶりです、お元気ですか。

その内ドライブがてら遊びに行こうと思っていました。

去年までは平気で薪割りしていましたが、年々体力が落ちてきています・・・。
2014/05/01(木) 20:15 | URL | 568 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .