≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
薪割り機の修理・・・
小人閑居して不善を成す・・・ではありませんが、時間があるといろんなことを考えます。


昨日から考えていたのは薪割り機のこと。


毎年、薪割りは健康のため・・・なんて言っていますがいつまで体力が続くのか??

場合によっては薪割り機も必要になるかなー。


使い易い薪割り機を「自作」しようかなー・・・なんて。




心当たりの所で何台か見せていただきました。

ええ、見ればわかりますから。これは良く使っている薪割り機です。

長い薪を割るので全長も長い。ガソリンエンジンはちょっとうるさそう。

しかし、どこでも薪割りが出来るとしたら、やっぱりエンジン式かな。

自宅でだけ使うのならモーターでポンプを回したほうがメンテも楽ですが。


まあ時間はあるので充分考えましょう。



DSC09450.jpg

さて、先日書いた壊れた薪割り機。その後オーナーが新しいものを買ったのでこれを頂けることになりました。

それでは修理しましょう。


折れた刃の所に新しい刃を溶接しようとしたら、この本体はオイルタンクを兼ねているので危険で出来ません。

で、別の方法を考えました。


折れた刃の残骸を必要な部分だけ削り落として・・・


DSC09452.jpg

分厚い鉄板でこんな刃を作って、上下をボルトでつなぎましょう。

刃はハガネがあったので使いました。

刃先は30度、その後ろは40度の角度を付けました。


DSC09457.jpg

上下を16ミリのボルトでつないで出来上がり。

機械の推力が6トン程度なのでこれで持つでしょう。


昼から始まって夕方には完成、気が短いのです。


DSC09453.jpg

さっそく試運転。ちょうど玉切りしてあったクヌギがあったので割ってみました。

おお、割れる割れる。

ちょっとぐらい節があっても大丈夫ですね。


太い丸太より、このぐらいの細い丸太のほうが割りにくいのでちょうどよかった。

焚き付け用の細い薪を作るのにもってこいですね。

面白くてついつい割り過ぎます。


もともとの刃は50センチぐらい間隔があったようですが、修理で刃が前に出たので46センチしかありません。

玉切りしたクヌギは45センチなので、隙間は1センチしかありません。

無駄なストロークが無くてちょうどよかった。


うーん、今まで薪割り機を使うことなんて考えなかったけれど、あればやっぱり使うんだろうなー・・・・

楽だから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おお、この記事には気づきませんでした。
とてもイメージが湧いてきました。
あとは、溶接せずにこの形が作れればですが最高ですが。
(^_^;)
いまぱっと浮かんだのは、H鋼を削り出して両サイドに鉄板ねじ止めして作れないかな?です。
あと、重機のツースも気になってます。
2014/05/20(火) 08:14 | URL | かなパパ #-[編集]
かなパパさん
モノづくりの楽しみはあれこれ考えをめぐらすことですからどうぞお楽しみください。

去年の5月ごろの日記では薪割りについて何度も書いていますので、そちらもご覧ください。

若くて体力があるなら斧で割る爽快感は捨てがたいですね。
2014/05/20(火) 20:59 | URL | 568 #-[編集]
気兼ねなく斧が振れれば良いのですが、力任せに攻めると家の床に響く事があります。
住宅が密集してるので、気を使ってしまうのです。
(^_^;)
なので、効率よりも楔の強化版として使える手動薪割り機を考えているところなのです。
エンジンもモーターも控えたいところなのです。

周りに気を使わない環境が羨ましいと思う今日この頃です...
ちなみに、この刃はどうなったのですか?
2014/05/20(火) 21:37 | URL | かなパパ #-[編集]
かなパパさん・・・
なるほど、事情はお察しいたします。

どこか郊外に気兼ねなく使える薪割り場&保管場所でもあればいいんでしょうがね。

おそらくストーブを焚くことにも気を使っているんでしょうねー。

周りに気兼ねなくこんなことができるのが農村部のいいところ、これ以外には何もありませんしね。

ちなみにこの薪割り機は友人宅で使われています。

油圧ジャッキ使用の手動薪割り機は市販されていますね。
2014/05/20(火) 22:56 | URL | 568 #-[編集]
まだ現役なんですね、素晴らしいです。
記事のような作りで実際の耐久がどうなだったのか気になりました。
ポイントは、溶接剥がれ跡の突起なんでしょうけど。
( ̄▽ ̄)

手動薪割り機、そうなんです。
10tのが巷で出回ってますね。
でも溶接剥がれたり、10tがギリギリ微妙そうだったので、強度のきちんとした20t超えの製作に踏み切ったところです。
今週末に土台ができあがります、楽しみです。
2014/05/21(水) 01:10 | URL | かなパパ #-[編集]
かなパパさん
ブログに載せたこの手の薪割り機はどれぐらいの推力が出ているかも??ですから。

ラフに作ったほうが対応は楽ですね。しなりますが大丈夫なようです。

20トンもの力だと門型の方が製作が楽でしょうね。
どんなものか興味がありますのでまたお知らせください。

2014/05/21(水) 20:51 | URL | 568 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .