≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
今年もよろしく・・・
今年もよろしくお願いします。

さてお正月も3日目。どうも普通と違う生活はかえって疲れるな。今日は工場内でゴソゴソ始めました。




レストア用のチェーンソーを2台見つけてきました。どちらもハスクバーナの346と言う機種。

45ccでよく使われている機種ですね。信頼性があります。


が、捨てられていたジャンクですので一筋縄ではいかないだろうなー。

手前をA、奥をBとしましょう。

Aはチェーンブレーキが壊れています。落とすか木の下敷きになったか?

チェーンソーオイルのキャップがありません。

Bはとにかくひどい汚れ。

しかしチェーンソーはこのオイルだらけになっているおかげで長く放置されても痛みが少ないようにも思えます。


DSC09222.jpg

外せる部品を外してガソリンでジャブジャブ洗います。そのあとエアーでこびりついた汚れを落とすとだいぶさっぱりします。

これはBのほうかな。傷みの激しいプラスチックのカバー類は新品が買えます。
アルミのダイキャスト部品は大丈夫でしょう。

キャブは純正じゃないのがついてるようです。


DSC09227.jpg

こちらはAのほう。燃料タンク内に残っていた燃料を抜くと腐っていてひどいにおいでした。


DSC09241←

掃除しながらも、どこが悪くて使われなくなったか探ります。

で、気になることが。

マフラーを外したところからシリンダー内を見るとピストンが見えます。

このピストンがものすごく高速で上下するのですが、矢印の所にピストンリングが見えます。


DSC09229.jpg

もう一台のピストンを見ると・・・。

えー、まさかピストンリングが無いの?スターターロープを引くと圧縮はあるみたいなんだけど?

こちらは後でシリンダーも分解しましょう。


DSC09243.jpg

Aのほうはエンジンがかかるんじゃないかなーと思えてきた。

ほんとはもっと徹底的に分解しようと思っていたんだけどね。

外した備品と取り付け、チェーンブレーキのハンドルを移植して、オイルタンクのキャップも移し替え。

プラグを外して掃除して、火花も出るようだし・・・。

スターターロープを引くと、かかりそうなのが分かるが残っていた燃料が燃えて臭い、臭い。


DSC09244.jpg

しばらくやっているとボロンボロンとかかりました。

おおー、やったー。

気になっていたチェーンオイルも出ますねー。よかった。


DSC09248.jpg

この機種はハンドルヒーティングがついています。

これが効くかどうかも見てみたい。

21BPのバーとソーチェーンがあったので間に合わせにつけて、しばらくエンジンをかけっぱなしにしてみました。


DSC09246.jpg

ああ、ハンドルがほんのりとあったかいような気がする。おそらくこんなものだろうな。

あつ過ぎては仕事にならない。


DSC09250.jpg

今朝までスクラップだったチェーンソーが一日で復活しました。オメデトウございますだなー。

さすがにプロ機ですね、素晴らしい吹き上がりです。ああ早く木を伐ってみたい。

バーもいいものを買って取り付けましょう。


最後にエンジンを止めようとスイッチを押し下げると・・・あれ、停まらない。

もしかするとこのチェーンソーはエンジンが止まらないのが欠点だったのかな。一時的に本体に電流をアースさせるスイッチが接点不良になっているのでしょう。これは後程点検しましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .