≪10月   2017年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
みーっけたっ!!
昨日の続きで小屋の解体。工場の下の10坪ぐらいの小屋がきれいさっぱり無くなりました。



この小屋は、今年90歳になった父が20年ぐらい前に藁を入れるために作ったものです。

当時まだ小さかった子供たちはそれを見て大はしゃぎでした。

「すごーい!、おじいさんお家が作れるんだ。今度はぼくたちのお家も作ってー」とせがんでいましたね。

当時70歳ぐらいの老人がちゃちゃっと作ってしまったのですが、それ以来アメニモマケズカゼニモマケズずっと使えました。もちろんこのまま置いても良かったのですが、いずれ壊すことになったでしょう。


この跡地は花でも咲かせましょうかね。


DSC08736.jpg

蓮は次々に咲いています。

咲き終わってこぼれた花弁は・・・まさに中華料理のレンゲの形。



さーて今日のタイトルのかくれんぼ。

作業をしていると、ちらっと目に入ったのはベッコウハゴロモの幼虫だ。

DSC08728.jpg

すぐにカメラを構えて何枚か撮影しましたが薄暗くてピントがいまいちでした。

この幼虫、とにかく変わっています。お尻から出した蝋物質で出来た繊維状の花弁とも羽とも見えるような飾り(?)が特徴。

めったに見つけられないので写真も今回初めて撮れました。

成虫は葛の葉を好んで食べるようなので、これからも気を付けて観察してみましょう。


DSC08732.jpg

指の上に乗せると大きさが分かりますね。

意外とすばしっこくて、この後ピョーンと後ろ足のバネで飛んで見えなくなりました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .