≪04月   2017年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分蜂、そして・・・
一昨日、6日は仕事をしていたが、好天で蜂が分蜂したという。

妻が行先を見ていて、薪小屋の手の届きそうな軒に蜂球がある。

すぐに巣箱に取り込もうか・・・いや、夕方になって急に気温が下がってきた。

こんな時は蜂が荒れているので様子を見よう。次の日気温が上がればどこかの箱に入るはず。

しかし、次の日は1日中気温が低く風も強かった。夕方見ると昨日のまま。

いや、ちょっと蜂球が小さくなったようにもみえる。




二日続けて朝は霜が降るような低温。日中も気温が上がらず今日の夕方も同じ場所に留まっている。

そろそろ腹いっぱいため込んだ蜜も少なくなっているかも。

仕方がないので巣箱に取り込むことにしました。

虫取り網で下から掬って飼育箱の中に入れるとぞろぞろと入っていきます。


寒さのせいで動きは鈍いですね。

念のため地面をよく見ると、一塊の蜂が・・・。

手袋をした手で掬って巣箱に入れるとその中に女王蜂を発見。

細身の女王でしたが他の群に先駆けてよくぞこれだけの新蜂を産んだものだ。


最初見たとき分蜂群としては中の中ぐらいかと思った規模は思いのほか重かった。

寒さでびっしりと固まっていたせいですね。

明日の朝も気温が低いようです。給餌が必要かもねー。



013_20130508202741.jpg

知り合いの伐採業者さんが、近くで伐採をしているので一時置いてくれないかと言うのでもちろんOK。

うちに樫の木を運んでくれた業者さんです。

夕方帰ってくると、ナラ、桜などの原木が5トンぐらい積まれていました。

あー、いいなー、薪にするのにちょうどいい太さだ。


薪を原木で購入すると、指定の場所着で4トン車一台が5~6万円ぐらい。

これが、運賃がかかる前の土場渡しだとずいぶん安くなる。

その内、大型トラックで運ばれていくのだろうがもったいないなー。


017_20130508202731.jpg

山からはこのような搬出専用車で運び出される。

この車にはグラップラーと言う丸太を挟んで持ち上げる機械がついているので、ここに置きっぱなしにして荷卸し専用。後ろに積んでいる木はバランスウェイト。

山ではグラップラーの付いたバックホーで積み込む。

これを人力や小型の運搬車でやっていたら、数か月もかかってしまうだろう。

そう考えると運び出された原木を買うのは安いものだな。

このあと数日かけて20トンぐらいは運ばれてきそう。

うー、欲しくなるなー・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
分蜂だー!
未だ蜂玉はおろか分蜂さえ見たことない私です。

今日午前中に内検したら、王台から蜂が出て来てるように見える写真が撮れました〜

真偽のほどは定かではありませんが。。。

休みの日に天気が悪いとそれだけで分蜂に巡り合うチャンスが減りますね。

2013/05/11(土) 22:03 | URL | だっち #-[編集]
あれあれ・・・
気候の良いそちらは、もう分蜂してるんじゃあ無いでしょうか。

王台から新女王が出てくるということは、その前に旧女王は出ているはず、出なければ巣箱内に2匹の女王がいるという事態になってしまいます・・・。

巣箱の点検に行ったら必ず付近の木の枝などを注意深く見る癖をつけてください。

案外大きな蜂球が~・・・。
2013/05/11(土) 22:26 | URL | 568 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。