≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
株の話・・・
安くなっている今こそ買い時、お勧めの銘柄は・・・いえいえ、その株でありません。

株投資をしない私でも持って居る株、そうです膝っかぶ。

いーえ、それでもなくて木を切った後の残材、切り株です。


普通は山に捨てられるこんな切り株も、勿体無い精神で運び出します。

切り株

根元のほうで曲がっているもの、クワガタムシが樹液を吸うようなでこぼこのところも持って帰れば何とかなります。


玉切り

薪にするときは40センチか45センチで玉切りするのですが、このようなところはうまく割れないので20センチぐらいに切ります。

ブロック薪にするのです。


割り

切ったものはすぐに割ります。割りやすいのでそれほどの時間はかかりません。


トラック

割ったのをトラックに積むと1,5トンのトラックに満杯となりました。


乾燥

邪魔にならない傾斜のあるところにブルーシートを敷いて、薄く広げて乾燥させます。

ブロックの薪は乾燥が早い、それはそうですね。木の中の導管に沿って水が抜けるわけですから。

多くの人が、冬の間に伐った木を春先に玉切りして5月の連休ごろ迄に薪割りして乾燥させればその年の秋から使えると言います。

が、やはり乾燥が十分とは言えないでしょうね、割った後梅雨の時期を迎えますし、夏は湿度が高いですから。特に大割りの薪は乾燥まで時間がかかります。


今頃から割って、湿度の低い冬に寒風に晒す「寒晒し薪」だと5月にはもうだいぶ乾燥が進んでいるでしょう。

極低い気温でフリーズ・ドライということも考えられますし。このブロック薪がどのぐらい乾燥が進むか観察を続けるのが楽しみです。



練習 この頃アップする画像の質を上げています。ちょっとクリックしてみてください。

練習


追記 おかしいなー、ブログに取り込むときに画質が落ちるのはしょうが無いけど、以前より良くなっているようには見えませんね。

クリックして大きくなった画像の上で左クリックするとちょっと大きくなるのですが、その時元の画像よりも画質が良くなるように見えませんか?

拡大

手前に見える薪割りの台の部分をトリミングしたものです。さてどんな感じで見えるかな。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うまそう...
いえ 薪ではなくてプロフィールのとこのカミキリムシの幼虫です。コナラにはけっこういますもんね。
トリさんにあげたら大喜びでしょうね。

p.s. 写真の画質は上がってるように見えますよ~。
2009/12/13(日) 21:50 | URL | 佐竹 #92eFZkuY[編集]
何をおっしゃる・・・
鶏に上げるなんて・・・もったいない。

蛋白源ですよ~。次回は鉄砲虫ピザですか。

写真はプロパティーを見ると上がっているはずなんですが・・・。

ここのネット環境では精一杯ですね。
2009/12/13(日) 22:33 | URL | 568 #-[編集]
初めまして。
初めまして。
以前から時々拝見させて頂いて勉強させて頂かせています。宜しく。

寒くなりましたね。

薪の乾燥ですかが、昔かまどで薪を使用していた時は、落葉し木が冬眠に入ってから切り出したものでした。
当然乾燥は冬の空っ風かが吹く、空気の乾燥した時期になることになります。
温かい時の切り出しは、木が生きていて柔らかく虫も入りやすいし、乾燥すると目方が軽くなる。
昔は重量で売っていたので、客も売り手も好まなかったよう。
尚その当時の薪作りは農家の農閑期のアルバイト。
60年も前のことです。
2009/12/18(金) 09:36 | URL | 禿 禺儒 #-[編集]
薪作り・・・
昔は薪は貴重でしたね。ストーブ当番は焚きつけを持って登校しましたっけ。

その薪を家の周りにいっぱい積んでおけるなんて昔ならお大尽でしょうねー。

その当時は里山保全は当然のことでした。収入源でしたから。
2009/12/18(金) 16:30 | URL | 568 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .