≪10月   2017年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
日本蜜蜂を飼育する人たちに珍重される、キンリョウヘンと言う名の東洋ランがあります。

この花には分蜂した日本蜜蜂を引き付ける集合フェロモンがあるらしいのです。

花の咲く時期をちょうど分蜂の時期と合わせるように、涙ぐましい努力をするのです。


勿論私も数株・・・いや、十数株持っておりますが。



去年の春に株分けや植え替えをしたキンリョウヘンを、夏の間は充分日光に当てて管理。

晩秋に、土の中に埋めて越冬させます。

その時に、一株だけ部屋の中に置いて水を上げていたら花芽がグングン伸びてきて、先週には花が咲きだしました。

当地の蜜蜂の分蜂時期は5月の中旬なので3か月ほど早いですね。


023_20130218202318.jpg

この花に限っては、その姿よりも蜜蜂を集める能力のほうが重要なのですがどうしてどうして花もきれいなものです。

私は以前から蘭の手入れはできないだろうとあきらめていましたが、実際に育ててみるとそれほど難しいものではありません。

何でもセオリー通りにやってみるものですね。

もちろん今の時期に咲かせるのはセオリー違反でしょうが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
56蜂さん

見事に咲きましたね。
今の時期にはもったいないですね。
この花ですと10群はいきましたね。
うちでも開花調整に入らないとね 
頑張ります。
花を見せていただき春の気分になりました。
2013/02/20(水) 07:28 | URL | abe@仙台 #-[編集]
abeさん・・・
室温ではどれぐらい早く咲くかの実験ですね。
花は切ってコップに挿して鑑賞です。

また花芽が出てきていますので、継続して観察しましょう。

この株だと5株ぐらいに分けられますが、鉢数が増えると管理が大変ですので・・・

ぜいたくな悩みなんでしょうが。
2013/02/20(水) 20:45 | URL | 568 #-[編集]
羨ましいー
今年も結局花芽が付かなかったのです。

きっと私の育て方の問題なのでしょう(涙

それにしても立派な株ですね!

某オクに出てる貧相な品とは比べられないレベル!
2013/02/22(金) 17:52 | URL | だっち #-[編集]
だっちさん・・・
蘭は根が鉢の中にぎゅうぎゅうにならないと咲きません。なので、4号から5号に大きくしたので咲かないと思っていた株でした。

もともと葉芸を楽しむ品種ですので花は二の次なのでしょうが、よく見ればきれいなものです。
2013/02/22(金) 19:16 | URL | 568 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .