≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
小話2題・・・
昨日、前の山に木を伐りに行った時のこと。

急な斜面に何年も前からキツネかタヌキが掘った穴がある。そっと覗いてみると、入口に落ち葉がたまっている、これは今は使っていないんだな。

すぐ前の楢の木を伐採する。枝を払うためにチェーンソーをブンブン回していると…。

山の上のほうからガサガサと降りてくる生き物がいる。

タ、タヌキだ。

普段に山を歩くときはそっと音をたてないように歩く癖が付いているので野生の動物と遭遇することもたびたびある。

しかしねー、チェーンソーを使っている時にこんなに近くに現れるとは。

しばらくしてから見ると、穴に入ってこっちを見ている。

野生の動物が人間の目に触れるのは珍しいこと、おそらく何らかの病気だろう。

何かを訴えるような悲しげな眼だった。


今日も居るようだったら写真を撮ろうかな。そばまで寄ってじっくりと撮ることができる。

動きが無いのできれいな写真が撮れるだろう。素人のネイチャーフォトコンテストに出せるかな。

入賞するかもしれないな。副賞がデジカメだったりして。賞金も出るかな…。

なーんて思って今日も行ってみると穴の中は空っぽだった。

で「撮らぬタヌキの皮算用」となりました。


今日も椎茸の原木を伐る。今日はお天気も良く捗りました。

ところどころに太い楢の木、栗の木、朴の木などを残している。

将来これを伐るとき育ってきた小さな木を傷めるのでよくないが、まあ20数年後、何とかなるでしょう。

これを「後は野となれ山となれ」と言います。 チャンチャン。


シンビ

10月からつぼみが育っていたシンビジウム、やっと咲きそろいました。

なんていう名前かな、渋い色合いです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
たぬき
おはようございます。
私も以前住んでいた借家で、昼間、病気の狸をみました。ほとんどの毛が抜け落ち、皮膚がかさかさで、痩せこけていたその動物は、あのハイエナそっくり。狸には似ても似つかない姿でした。で、パンを差し出すとのそのそよってきて、一口二口。やがて土手の向こうへ歩き去っていきました。私にはどうしようも出来ないことですが、おどおどした瞳でこちらを見る様は、本当にかわいそうでした。まあでも、しょうがないことですね。
2009/12/01(火) 08:04 | URL | とんちゃん #-[編集]
もとをたどれば・・・
そうですか、昨日のタヌキは目立った外傷はありませんでした。しかしおどおどしていましたね。冬になると毛がふさふさになって居るのを見たこともあります。

元々犬の病気の疥癬にかかって毛が抜けた様子はかわいそうですが、やはりどうしようもありませんね。

イノシシ、野ウサギ、キツネ、タヌキ、アナグマ、テン、イタチなどがこの地域にいますが見かけることはまれです。
2009/12/01(火) 08:43 | URL | 五六蜂 #-[編集]
なくぞうの家にも
私はいなかったのですが、先日犬がメチャメチャ鳴くので見たら、うちの庭にも毛が抜けたタヌキが来たそうです。
グリコが犬のえさを少しやったら次の日も来たみたい。
その後は見かけていませんが、病気を持っていたらチョッと嫌ですよね。
2009/12/01(火) 18:52 | URL | とりの なくぞう #Lp2bkvbw[編集]
ええーっ!!
なくぞうさんのいえは市街地ですよね、そんなところにも来ますか。

公立の野生動物救急センターはどこの県にもあると思いますが、すでに満杯です。自然との共生・・・実現には高い壁がありますね。
2009/12/01(火) 20:44 | URL | 五六蜂 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .