≪04月   2017年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤドリギの森へ・・・
今朝起きると小雨が降っている。いまの時期だと雪が降ってもおかしくないが、気温が高いのだろう。

冬の雨は湿度をあげるので、風邪の予防には好ましいことです。

しかし、予定していた外の作業は何もできませんね。


こんな日にやりたかったこと、それはヤドリギを探すこと。以前からヤドリギを植木に寄生させる実験がしたかったのです。


何カ所か候補地があったのですが、一番近くに(車で30分ぐらいかな)行ってみることにしました。



何度も通って目にしていた森には・・・おおお、やっぱりありました。

樹齢は100年を超えていそうなミズナラの大木にいくつもヤドリギがついています。

枝の途中がゴツゴツしているのも以前ヤドリギがついていた跡でしょう。


024_20121222181504.jpg

細い道をさらに奥に進むと道路のそばにヤドリギの付いた大木がある。

勿論ヤドリギを見つけたら、その下に独特の粘り気のある種が落ちていないかを探すのが目的です。


056_20121222181509.jpg

小雨が降る中、森の落ち葉の上で実を探していると・・・ありました。

ああ、こんなに小さな実なんだ。ネットでずいぶん調べたつもりでも、実際に見てみないと分からないものです。


043_20121222181506.jpg

ウンが良ければこんなものも。落ち葉についているのは鳥のおなかを一度通ったものでしょう。

種は発芽を抑制する物質で包まれていて、鳥に一度食べられるとその物質が消化されて種が発芽しやすくなる・・・はずです。

つまり、このようなフンは大歓迎ですよー。


071_20121222181512.jpg

雨の中、カメラを気遣いながら写真を撮りました。

こんな風になったらいいなーと思える、理想的なヤドリギ。


076_20121222181619.jpg

シルエットにならないように、やっと撮った写真の一部を・・・

076トリミング

画質は落ちますが、部分的に拡大したもの。

沢山の実がついているのがわかります。黄色い実なので、これは「キミノヤドリギ」でしょうね。


ちなみにヤドリギは雌雄異株らしいので、雌木の下を探さないと実が落ちていません。


092_20121222181625.jpg

さらに進んだ別の場所でも実が拾えました。

幾分赤い実が混じっていたような。アカミノヤドリギもあるのかなー?


108_20121222181628.jpg

すっかり濡れてしまったが、今年実験するには充分の数の種が拾えました。

エノキ・キハダ・コブシ・ネムノキなどに寄生させられるかどうか実験してみます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。