≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
野に咲く花のように・・・
ちょっと気恥ずかしいタイトルですが・・・。




沢山のホリホックが咲いていますが、先日の夕立と風でだいぶ倒れました。支柱かネットが必要ですね。

そのホリホックの他に、あまり背が高くならない矮性ホリホックも育てていました。写真でひときわ大きいのは普通のホリホックです。

ちょっと遅れて花が咲きだしましたが、あまりにも混み合っていて花が目立たないので脇芽や下葉を取ってやったらすっきりしました。花壇にはこの大きさのほうがいいかもしれません。


016_20120815213252.jpg

なかなか豪華なホリホックの花。八重咲は雄蕊や雌蕊の変化したものか、だとすると種子ができるのだろうか?


お盆と言っても特に何かをするわけでもなければ、どこにも出かけない。

じっくりと自然の観察を楽しみましょう。


037_20120815213252.jpg


家の前の道路際にオミナエシが咲いている。他所で自然のオミナエシが咲いているのを見かけることはほとんどない。

種を採って増やしてやろうか。いやまだ自然に任せておいても大丈夫だろう。


086_20120815213251.jpg


雑木林の薮に目を凝らすと・・・。

やっぱりいつもの場所にあった蛍光色の花弁。フシグロセンノウは当地でお膳花と呼ばれる。

子どもの遊びに使われることから来た名前で、花弁を唾でつけてお膳を作れるから。


104_20120815213251.jpg

池のそばに咲くワレモコウ。これから咲くともっと赤くなります。



123.jpg

ちょっと足を伸ばして自然遊歩道に行ってきました。

日影で川のそばなので空中湿度が高そうですね。

実は遊歩道に咲くソバナを見に行ったのですが、きれいに刈り払われていました。

お盆を前に、環境整備と言うことで刈ったのでしょう。まあこんなものです。

ソバナ、センボンヤリ、エゾタンポポなどが、あっという間に無くなっていました。



153_20120815213518.jpg


センニンソウで蜜を吸うクジャクチョウ。

近くにヒヨドリバナがいっぱいあり、アサギマダラが来ないかなーとしばらく見ていました。


158.jpg

帰ろうとするとキマダラヒカゲが手にとまって離れません。

この頃しょっちゅうです。口吻を伸ばして汗を吸っているようですが、なんか甘い味でもするのかなー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .