≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
今日は木を伐る・・・
木を植えたり手入れしたりしていますが、計画的に育てるためには木を伐ることもあります。

前から計画していましたが、「ちょっと時間があるから伐ろうかな」とはいきません。

木を伐ることは私にとっては神聖な儀式でもありますし、危険も伴います。

朝からお天気や風向きなども考慮して実行します。


さて今日伐る木は10本ほど。まずはオオムラサキを育てるために12年前に植えたエノキです。



伐る前にいろんな角度から写真を撮っておきます。

020_20120115200719.jpg

思った通りに倒れてくれました。向こうに見えるユリノキと右のイヌゴシュユを育てるためには今のうちに伐っておかなければなりませんでした。

024_20120115200719.jpg

ここは条件が良かったのか生長がはやく、直径は20センチ以上あります。

031_20120115200719.jpg

伐ったらそのままにしないですぐに枝を払って片づけます。

035_20120115200719.jpg

材は白くてきれいですね。これは薪にすることもできますが、縦に切り込みを入れて木ろうそくを作ってみました。

木ろうそくについては去年の8月13日か14日の日記をご参照ください。

041_20120115200718.jpg

次のターゲットはこの真ん中の木、ハンノキです。やはり12年前ぐらいに植えたのですが大きくなりすぎです。

手前に植えたキハダが育つと伐れなくなるので今のうちです。

ちなみにハンノキは冬に花が咲きます。目立たない風媒花ですがミツバチがその花粉を集めに来る写真を撮ったのはこの木です。

046_20120115200814.jpg

ズッシーンと倒れました。キハダの苗が2本下になりましたがなんとか助かりました。

058.jpg

すぐに解体して片づけます。この木は薪になりそうです。

060_20120115200814.jpg

同じころ植えたあのハンノキも邪魔だなー・・・

062_20120115200814.jpg

これも伐ると向こうのトチノキに日が当たるようになります。

064.jpg

ついでにこのヤマボウシ。毎年びっしりと白い花を付けますがちょっと大きくなりすぎです。

067.jpg

脚立をかけて大胆に枝を落としました。新梢が出てそれに花が咲くまでには5年ぐらいかかるかもしれませんがコンパクトな樹形に変わるでしょう。

伐り終わった幹や枝を運んで重ねると夕方になってしまいました。

ずっと気になっていたことが片付いてよかった。けがもしないで終わったし、木ろうそくも10個作ったし。


このようにして出た枝などは今年の秋ごろには乾いてよく燃えるようになります。

これを燃料にして野外料理をするような大宴会をやりたいなー。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
野外料理
野外料理と言われると、鉄板で焼きそばくらいしか思い浮かばないのです…。
発想が貧しいです(汗

農家の跡継ぎ的に、チェーンソーの扱いはやはり学んでおきたい内容の一つです。
568さんのブログは、そんな学びたい意欲を刺激して下さいますね~。
2012/01/20(金) 08:04 | URL | だっち #-[編集]
野外料理・・・
野外料理と言っても普段作っているものは何でも作れます。しかし、せっかく外で作るんでしたらダイナミックに行きたいですよねー。

豪快に焚火で羊の丸焼きとか。

チェーンソーはおっかないですがおっかながってはだめです。習うより慣れろです。

もちろんセオリーは守りながら。
2012/01/20(金) 21:45 | URL | ハジメ #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .