≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
堆肥づくり・・・
畑や草花に使う堆肥を作っています。

先週刈り取っておいたキバナコスモスは、量が多いので刻んで堆肥にすることにしました。



このようなエンジン付きのカッターで細かく刻んで吹き飛ばします。
これはワラを切るためのカッターですが。

DSC05748_20111011221115.jpg

刻んだコスモスの茎を堆肥枠に入れて、ぎゅうぎゅうと足で踏んで固めます。

これ自体はよい堆肥にはなりません。牛糞の堆肥の空気を通す層になるかと思いますが。

DSC05750_20111011221115.jpg

その上によく発酵した牛糞と落ち葉を積みなおしました。

下のほうに緑の層が見えますが、やがてこの層は見えなくなるほどへこんでしまいます。

草だけを積んでおいても堆肥にはなりません。通気が悪いので嫌気性菌ばかりが増えてしまうからですね。
最終的には好気性菌が活躍しなければうまく行きません。

まあこのたい肥はずっとこのまま置いておくので使う頃には微生物はずっと減ってしまっていると思います。

へへへ、実はヤマメ釣りに使うミミズをいつでも取れるように、ミミズ養殖場にするための堆肥なんです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
生ごみで堆肥作りです
タイムリーな記事に接しました。
家の庭には、先日 黒土を入れましたがまだまだやせています。(山土だけのようでした)
そこで家人に穴を掘ってもらって、台所で出る生ごみ(猫が来ないように・・・)、
野菜の葉や皮、果物の皮などを埋めています。ついでに草取りした草も・・・
これだけでは、駄目ですかね?? 油粕などもそのうち植木の傍にと思っていますが・・・
「素人のための園芸教室」、開いて下さいませんか。(^^)v
2011/10/13(木) 08:53 | URL | murakami #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .