≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
先の日記にも書いたロケットストーブを作ってみました。

ロケットストーブについてはいろんな記事がありますので検索してみてください。

作ったのは、まあ、正確にはロケットストーブもどき。ロケットコンロですね。



まずは一つ作ってみて、その反省を生かして作った2号機。

ペール缶一つでは高さが足りないので、半切りにしたペール缶をつないで高さを稼いでいます。

004_20110917195928.jpg

燃焼部分は120ミリのステンレス煙突。それに106ミリの煙突をつないでいます。断熱には園芸用の小粒の軽石を使っています。軽石でも20リットル近く入れると重いですね。この重さで安定感はありますが。

これは結構よくできました。

008_20110917195928.jpg

そして今回の3号機は燃焼室を鉄板で作ってみました。

ペール缶が無くなったので、わざわざ整備工場に行ってもらってきました。

それでは作り方です。

010.jpg

まずは燃焼室が入るところを切ります。

015.jpg

そこから燃焼室を差し込み、鹿沼土を入れて落ち着かせます。

018.jpg

もう一つのペール缶の底を抜いたものをすっぽりといれます。

煙突の長さを直径の3倍以上にしたいので、ペール缶一つでは足りません。

もちろん2つのペール缶はねじでしっかりとつないであります。

021_20110917200120.jpg

燃焼室が抜けないようにちょこっと溶接。煙突の取り付け部も付けます。

煙突の直径は106ミリですが、燃焼室の穴はちょっと小さいです。

これはベルヌーイの定理というかベンチュリー効果というか・・・ちょっと絞ることで流速が上がってさらに引きが良くなるかの実験です。さらに陶芸用の土で穴を狭くする実験もするつもりです。

037.jpg

これで煙突の長さは37センチになりました。ちなみに2号機は30センチでした。

炎の一番おいしいところを使うのにはもっと短いほうがいいでしょうが、加熱された煙突内で2次燃焼して煙が少なくなる利点があります。


断熱のための鹿沼土をきっちりと入れます。最終的には断熱には木灰が最高でしょう。

鹿沼土や軽石だと長く焚いているとペール缶の外側も触れないぐらいの熱さになります。

039.jpg

蓋の真ん中に穴をあけてかぶせれば完成です。燃焼室があと3センチ短くても良かった。

045.jpg

ゴトクを作ります。9ミリの鉄筋をぐるぐるまいて・・・

050.jpg

上に乗せるものによってゴトクを変えるので、いくつか作りました。

これは足が9センチで高すぎたので、3センチほど切り詰めて6センチ高にしました

055.jpg

こうなると早速火をつけてみたくなります。

夕方薄暗くなるのを待って点火。

はい、予想通りよく燃えます。

057.jpg

やかんのお湯ぐらいならすぐに沸きます。うーん、家庭用のガスコンロぐらいの時間かな?

いつかきっちり計測してみます。

060.jpg

これはどうだとペール缶に一杯の水を入れて乗せてみました。

さすがにこれは沸くまでの時間がかかりますね。周りをアルミのカバーで覆って風を防げばさらにいいでしょう。


さて、今回燃焼室をわざわざ作ったのはこの写真の角材を燃料にしたいため。

これは鉄板を運ぶ時のパレットの残材で始末に困っています。非常に火力が強いので、自宅の薪ストーブで燃やすのはためらわれます。こうして利用できればありがたいものです。



これ迄3つのコンロを試作してみていろんなことがわかってきました。

確かによく燃えて、効率もいいようです。煙も少ないですね。

大人数の大なべはちょっと無理ですが、普通に使うならお勧めです。もちろん自己責任で!!


これまでのデータを生かして次々に新しいのを作ってみます。最終的な形も構想ができました。

何より実用性を重視して作ってみたいと思います。普段邪魔者になっているものを燃料として有効に使えることも大事ですね。

なお、写真中のKumiaiやNISSANやハイドロリックの文字はこの記事とは関係ありません、念のため・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ロケットストーブ・・・良いですね~!!
いつまでも好奇心と冒険心を失わないハジメさんを、見習って欲しい人が我が家に一人います。
こういう事がいとも簡単 (ではないと、思いますが・・・) そうに出来てしまうところが
尊敬に値します。昨日も5チャンネルで佐賀県に移住して炭焼きをしている人が紹介されていました。
私の夢ですね~。あまり人里はなれないところで、木を植えたり、花を植えたり、
畑を作ったり、炭を焼いたり・・・そして犬も飼う。
特に家の中で火を燃す生活には、猛烈に憧れます。
これは、手に入らない夢で終りそうですね。
こちらのブログを読ませていただくのが、楽しみの一つです!!
写真も素敵だし、勉強にもなっているのですよ。
2011/09/18(日) 17:24 | URL | murakami #-[編集]
実はですねー・・・
コメントありがとうございます。

これを作ったのは住宅街でもたき火ができないかと思ってです。これなら問題なく使えそうですよ。

作ることより、写真を含めてネットにアップするほうが時間がかかっています、たぶん。

いつまでも夢を持ってください、いつかはかなうと信じて。
2011/09/18(日) 20:35 | URL | 568 #-[編集]
御無沙汰してます。
最近、私もロケットストーブに興味を持っていたところです。
今度見に行きたいと思います。
2011/09/22(木) 12:35 | URL | まさ@南会津 #JalddpaA[編集]
まささん・・・
どうぞどうぞ、私も元はあの冊子ですよ。

いろいろ興味があるものがあって、帰れなくなりますよ。
2011/09/22(木) 19:39 | URL | 568 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .