≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
手作りのコンニャク・・・
直売所などで売られている手作りのコンニャク、小さいときから見ているのでなんとなく作り方は知っていましたが、実際に作ったことはありませんでした。

独特のあの風味のコンニャクを食べたいと思ったので、今日は手作りしてみました。

最も基本的な、生のコンニャク芋をすりおろして作る方法です。



きれいに洗って775グラムのコンニャクイモをおろし金ですりおろします。鍋の中に1リットルぐらいの水を入れておいてあまり空気に触れないようにしましたが、別に影響ないかな?

最終的に2,2リットルの水を入れて混ぜ合わせます。

それを良くかき混ぜながら弱火で熱すると、透明感が出て粘りも出てきます。

こうなったところでしばらく休ませます。

ここまでの行程(この後もですが)を素手のままでやると痒くなって大変です。今は薄い手袋が売られているので便利ですね。


DSC04620_1_1.jpg

粘りの出てきたコンニャク(・・・の素ですが)ですが、このままでは水に流れてしまいますので凝固剤を入れて固めます。

水で溶いた炭酸ソーダを入れてかき混ぜると小さな塊が出来ますが、さらにかき混ぜていると滑らかになってきます。

うーん、ここで水の量が多いと滑らかなコンニャク(刺身コンニャクのようなもの)になるのかな?

希望は硬くて気泡が多くて味がしみやすいコンニャクなんだけど。

そういえば、昔は母親が作るときはここで加熱していたかもしれない。そのときに鍋のふちでこげができたりしたのかな。

DSC04625_1_1.jpg

ここで固まったコンニャクを薄いバットなどに流し込んで作るのが普通なんでしょうが、このまま手で丸めて熱湯に放り込んでしまいます。

凝固剤を入れても加熱しないと固まりません。一度沈んだコンニャクの塊がスッと浮いてくるころは硬くなっています。

丸めるときは、新しいつなぎ目を作らないほうがいいみたいなので、おわんなどですくうといいですね。

DSC04629_1_1.jpg

固めると同時にアク抜きでもあるので大量のお湯をグラグラと煮立たせて使います。風が強いけど外でかまどに薪を焚いてやりました。

しばらくしてちょっと食べてみるとまだ「えぐい」ので水を替えてもう一度アク抜き。

DSC04634_1_1.jpg

最後に薪ストーブの上でもう一度アク抜き。

DSC04641_1_1.jpg

ほぼ一日がかりで手作りコンニャクの完成です。

775グラムのコンニャクイモから2、838グラムのコンニャクが出来ました。

予想より滑らかな口当たりのコンニャクを先ずはお刺身でワサビしょうゆで。

つぎに、かつお節としょうゆで煮てトウガラシとごま油をかけました。

うん、これはいけます。酒の肴になりますね。スローフードですし。


今回はじめてやってみていろいろデータも取れました。


さて問題は一度にたくさん出来すぎることかなー。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お蒟蒻
こんばんは。
手作り蒟蒻、美味しそうですね~。うちでは、ここしばらく作っていませんが、私も、娘も蒟蒻が大好きなことを知っているお隣さん。作るたび、「食べる~?」と、持ってきてくれます。で、そのあとは、お決まりの“争奪戦”勃発。
今年は、コンニャクイモがまだ小さいので、うちでは、来年の楽しみとなりそうです。
2011/01/06(木) 18:11 | URL | とんちゃん #-[編集]
とんちゃん・・・
お久しぶりです。

なんとなく作り方はわかりましたがまだ修行が足りません。

エグミをどうやったら完全に取れるか?が課題です。

そういえば、挿し木したパッションフルーツをまだ送っていませんでした。
2011/01/06(木) 20:22 | URL | 568 #-[編集]
ありがとうございます。
こんばんは。
パッションフルーツの苗木のこと、本当に、お手数をおかけしてしまいました。畑の一画を、パッションフルーツ用にしようと思っているのですが、あの独特の花と、それから、トロピカルな果実が、今からとても楽しみです。といっても、写真でしか見たことがないのですが・・・。・・・。
大変申し訳ないのですが、引き取りにうかがう、ということもままならないので、ご都合の宜しい時に、着払いにてお送りいただく、ということは可能でしょうか? お忙しい中、大変申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。
2011/01/08(土) 23:18 | URL | とんちゃん #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .