FC2ブログ
≪08月   2018年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
狙って釣りたい・・・
今年の6月から始めた海の釣り、その中でも漁港の防波堤からのサビキ釣りにすっかりはまっています。

今まで10回以上は行ったでしょうか、そのたびに釣果が上がるのですぐにまた行きたくなります。


先日、もうちょっと釣りの幅を広げたいと、今まで使っているよりちょっと長い釣竿を買いました。

今までは3,6メートル、今度の竿は4,5メートル、同じメーカーでリールを付けても5,000円以下の安物ですが。


せっかくだから試し釣りがしたいと漁港へ向かいました。

買ったばかりのサビキ竿に自宅から用意していったサバの切り身を付けて、投げ込みます。


ちょっと待っていると、いきなりすごい当たりが。

竿をあおって合わせると、水面に見えたのはカンパチの幼魚ショゴです。

慎重に抜き上げて、取り込みました。


ああ、何というラッキー、買ったばかりの竿の第一投目で釣れるとは。


それから数時間は竿先はピクリとも動かず。


夕方になって小魚が釣れはじまった時のこと、サビキにかかったサバに猛烈にアタックしてくるショゴが居る。

急いで仕掛けを替えて、バケツの中で泳いでいる小さなハナダイを背がけにして投入すると、すぐにかかりました。




うーん、満足。

竿を買いかえてすぐにこの釣果は期待以上です。



・・・・・・が、

いまいち満足できないものがある。


どうもいきなりラッキーで釣れてしまったような感が。


ちゃんと自分の中で計画して、思ったように釣りたい。

「釣れちゃった」と「狙って釣った」という違いか。


家に帰った8時間後にはまた夜明け前の漁港に立っていました。

「サビキで豆アジを釣って、それを餌にショゴを釣りたい」と言う筋書きのために。


005_20180818204620175.jpg

ショゴを狙うには朝のまだ日が昇らないうちが一番でしょう。

白々と夜が明ける4時少し前から釣りを始めます。


大前提のサビキでアジが釣れるだろうか?

この頃豆アジが釣れなくなっているのです。


しかし、心配いりません、すぐに豆アジが釣れだしました。


3,6メートルの竿で豆アジを釣り、4,5メートルの竿を置き竿にして豆アジを泳がせます。


置き竿が気になってしばらく見ていると・・・


ガツンと言うあたりがあって竿が根元からしなり、海面に引き込まれるほどに。


すぐに合わせると、前回よりも少し大きなショゴがかかっています。

やったー、狙って釣ったどー。


その後、日が昇るとやはり当りはぴたりと止まりました。

ふう、一匹釣っただけでも満足感は大きいなー。


013_20180818204617d4c.jpg

ショゴはカンパチの幼魚なので、立派なショゴと言う表現はおかしいかもしれませんが、これが釣りたくて狙っている釣り師さんはたくさんいます。

防波堤から釣れる魚種としてはいい方でしょうね。


ああ、ますますはまりそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2018/09/23(日) 06:31 | | #[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.