≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
ニワトリ・ハウス・・・
今日はお一人様(?)限定情報で・・・

ニワトリを飼うための小屋を作ったのはちょうど2年前の今頃でした。



あの時はニワトリが届いてから大急ぎで作りました。前面が取り外せます。

IMG_6486_1_1.jpg

そのときいれたニワトリたち、可愛かったなー。今は大きくなりました。

白いのは雄鶏でこれは憎たらしいけど。


今年も雛が来ますがすぐに一緒にするといじめられるので大きくなるまでの小屋を作りました。

IMG_5712_1_1.jpg

今回作ったのはこれ、120×100センチのパレット・ベースです。

コンパネで周りを囲って・・・

IMG_5719_1_1.jpg

前面は網を張ります。小さな扉を作っても中には入れなければ意味が無いので全面が開くようにしました。

下には薄いベニヤ板を敷いてお掃除がしやすいように。

中間に止まり木をつけます。ニワトリにも止まり木は必要です。あれっ、天井が無いけど・・・

IMG_5725_1_1.jpg

小屋の上は餌置き場になっていますがここを片付けて・・・

IMG_5728_1_1.jpg

これを今までのニワトリ・ハウスの上に乗せます。どうです、ぴったりでしょ。

そう、もともと2階建てにすることを考えて作っておいたのです。

ある程度大きくなったら下に移しますからね。

ウコッケイやチャボならこのままで充分飼えます。

あ、天井はこの時点でコンパネでも乗せておけば大丈夫。

IMG_5729_1_1.jpg

昼ごろ雛を受け取ってきて早速入れました。

すぐになじんで餌を食べていました。外から餌を上げられるこの形が使いやすいです。

IMG_6487_1_1.jpg
 
小屋の中で餌をあげるなら、伝統的な餌箱はこんな形。

ニワトリは餌箱に入って餌を散らかすので入れないように竹で仕切りをつけます。

箱の底はこんな風に三角のほうが餌を食いやすい、そりゃあそうですね。


ちなみに雛は一羽700円ほど。餌代などを考えると卵は買ったほうが安いです。

だけど、雄も居れば毎日有精卵が食べられる、これは贅沢なことですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すばらしいですね~
こんばんは。
いや~、勉強になります!! 取り外し可能な前面扉、板囲いの鶏舎、そして、エサ箱等々。“完成されている”という表現がぴったりですね~。私には、とても、とてもですが、書かれているポイントや、写真を参考に頑張ってみようと思います。ありがとうございました。
行き詰ったら、質問させていただこうと思いますので、ご指導の程、宜しくお願いします。
2010/04/14(水) 21:53 | URL | とんちゃん #-[編集]
よかった・・・
お役に立てた様で。

ニワトリは小さいスペースで大丈夫ですから。でもどうせなら小屋の中に入って遊んでやってください、手乗りニワトリになりますから。

ほんとは♂が居ればいいんだけど・・・。
2010/04/14(水) 22:03 | URL | 568 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .