≪05月   2018年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
ワンダーランドに・・・
週末の昼は友人と連れ立って外食することが多いが、ついでに町のバイク屋さんを訪ねることがある。

今や町の小さなバイク屋さんは絶滅危惧種で、何処でも面白い話を聴けなくなっているが、今日は大当たりでしたね。

今までずいぶん前を通っていたが、なかなか覗けないでいた小さな店、思い切って行ってみたらこれが・・・




うおおおおーーーーっ、これがずっと探していた俺たちのワンダーランド!!

狭い店の中に分解されたスーパーカブが数台。

分解して整備されたエンジンがゴロゴロ。

壁際には今まで分解されたパーツの残骸や使える部品が山のように。


勿論どこに何があるか覚えているんだろう。90ccのヘッドが無いかと尋ねたら、すぐに整備されたブツが出てきた。


懐かしい6ボルトの電球もゲットできた。

しゃがみこんでエンジンを見ている友人、そうこの土間でエンジンを分解しているらしいのだ!!

はあ~~~、何もかもが驚きです。


003_20180303211125235.jpg

無造作に置いてあるシリンダーをよく見ると、おおーっ、これは昔のカモメカブの刻印が大きいタイプ!

そんな部品がたくさんある奥に、カワサキ W1のエンジンも眠っているとか・・・。


今はバイクの需要が減り、新聞屋さんのプレスカブのメンテナンスを主にやっているそうです。

使いすぎて壊れたエンジンを分解して整備しておき、もし現役バイクのエンジンが壊れたと言われたら一晩で交換してやるのだそう。


久しぶりのお客さんだったようで、御主人も喜んでいろんな話を聴けた。


もともと自転車屋さんで、バイクの黎明期から、つまり自転車にエンジンを付けたような時代からバイクを弄っているという。



と言うことは、当然もうかなりの高齢です。

この店もあと何年続けられるか・・・。

せっかくお知り合いになれたので、エンジンを分解しての修理について教わりたいことはたくさんありますが。


近くなのでまた機会があったら訪ねることにしてお暇しました。

あー面白かった。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .