≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
レストアの続き・・・
今日は春らしい話題もあるのですが、昨日の続きでヤンマーK2エンジンのレストアの方を・・・




シリンダーヘッド下部のひびは・・・深刻でした。完全に離れちゃいましたねー。

IMG_5605_1_1.jpg

エーイ、こうなれば。深く開先を取って溶接しましょう。

鋳物の溶接は特殊な溶接棒を使ってするのですが、これがまた難しい。

まあ手を抜いて、サビが付いたままでやったからね。

実は、エポキシ系のパテを用意してある。強度だけ出れば、水漏れはパテで対処しましょう。

内側も2液混合するエポキシ樹脂で埋めました。溶接で歪んだ面をきれいに研磨してOK。

IMG_5634_1_1.jpg

次にバルブの当たり面を研磨。ずいぶん減ってるなー。これで大丈夫だろうか?

IMG_5637_1_1.jpg

バルブはピカピカになったけど。

IMG_5639_1_1.jpg

次にコンロッドを外してピストンを抜く。うーん、やっぱりディーゼルは汚れるな。ピストン下面はサビもあるし。

IMG_5655_1_1.jpg

シリンダー内も汚れがひどいので、鉄棒にタオルをきつく巻いてコンパウンドをつけてドリルでウィーン・・・と。

IMG_5656_1_1.jpg

おお、サビの跡が見えるものの、きれいになりました。

IMG_5666_1_1.jpg

ピストンも固着したピストンリングを外してきれいになりました。

よっしゃー!、では組み立てましょう。





と、ここで思いもかけない事件が・・・・



ピストンを挿入しようとしたとき「ペキッ!!」


一番上のピストンリングが折れました。万事急須、いや窮す。ほんとに困ったぞ。


果たして代わりのピストンリングが見つかるだろうか?

というわけで、このエンジンのレストアはしばらくお休みです。


明日はスプリング・エフェメル 里山のカタクリの話題でーす。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 エポキシ樹脂は熱に弱いです、少し高価ですがベロメタルは素晴らしいです。
http://www.durmetal.co.jp/

 ピストンリングはどうにもなりませんね~(T_T)
2010/04/11(日) 09:32 | URL | スロー人 #qbIq4rIg[編集]
ありがとうございます・・・
これも常備して使ってみたいですね。

われわれの仕事のライバルですけど。

液体シール剤とかずいぶんいろいろ買いました。
2010/04/11(日) 19:23 | URL | 568 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .