≪05月   2018年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
焚き付け用の薪を割る・・・
先月から仕掛かりになっていた仕事が土曜日で一段落して、のんびりと週末を過ごしました。


さて、毎年今頃にやる仕事、薪ストーブの焚き付け作りをしました。


太い薪は2年ぐらい前にたくさん割ったので、あと3,4年は持ちそうですが、焚き付け用の細いものは毎年作ります。




この焚き付け作りは結構面倒な仕事で、これで怪我をする人も多いとか・・・。

家はこんな道具を自作して使っています。

中央の薪が立っている下に、刃を立てた台を置き、割ろうとする薪をのせて上から木槌でたたいて割ります。

ええ、簡単、安全です。

去年あたりから同じようなものが市販されているようです。

原料の薪は切り捨て間伐されたヒノキを貰ってきて大まかに割って乾燥させておきました。

もちろん無料ですな。


017_2017091823180758f.jpg

知人が出力管にラジオ用の真空管を使った真空管アンプを作ってくれました。

ダイヤトーンスピーカーをつないで懐かしの曲をガンガンかけながらの作業です。

ああ、いい音です、家ではこんなに大きな音量では楽しめません。

ポータブルCDプレーヤーが欲しくなります。


薪割は、4時間ほどもやると大量の焚き付けが出来ましたね。


021_20170918231809645.jpg

いつもの年はこれをコンテナや段ボール箱に入れていましたが、今年はテープで束にしてみました。

数の管理がしやすいですからね。


えーと、23束できました。一束で一週間持つとすると23週分。

10月の中ごろから焚き始めて来年の5月の連休頃まで焚くとすると・・・

んー、ちょっと足りないかな。

次はお正月明け頃に作りましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .