≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
すきま風・・・
今シーズンも毎晩薪ストーブを焚いているが、どうも部屋の温度が上がらない。

どうも足元がスースーするような。

23度ぐらいの室温を目安にしているが、これよりちょっとだけ低いようで、このちょっとが気になる。


家の中をぐるぐる歩いてどこからすきま風が来るのか探ってみる。

ああ、やっぱり風が来るところがありました。

もちろんこれは以前からそうだったわけですが、なぜかこの頃気になって来たんですね。


近くのホームセンターから発泡ウレタンのスプレーを買ってきました。

一本600円ぐらいと安いものです。


これを目に見える隙間に吹き込んでみました。

と言っても隙間は手の入りにくいところ、しかも低い所なので床に寝転んでの作業。


余った分が相当あるので、外回りの基礎と土台の隙間が大きめの所にも充填してみました。


スプレーのノズルから出た発泡剤がみるみる膨らんで隙間を塞ぎます。

もちろん外にも膨らんできますがこれは硬化した後でカットすればよろしい。


昨日の昼に作業をして迎えた夜。

いつものようにストーブを焚きましたが・・・


おおお、ちがう。 明らかに体感する温度が上がりました。

部屋の中と外を同時にモニターする温度計があるのですが、それで見ても2度ぐらい上がっています。

外気温により多少は変わりますが、いつもこのぐらいならいいと思える温度です。

あと、今朝の室温も以前より2度ぐらい高くなっていました。


家の薪ストーブは外気導入で燃焼させているのですが、これの効果が分からないのでダクトを外して焚いた年がありました。

その時は燃焼で空気が使われるので、その分外気が入ってきてスースーと寒かったことを覚えています。

次の年からはまたダクトをつなぎ直したのは勿論です。


今回のすきま風対策は小さな費用で大きな効果がありましたね。

今シーズンが終わったら、薪ストーブのメンテナンスもしてみようかな。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ .