FC2ブログ
≪02月   2019年03月   04月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
春うららのコンサート・・・
もう20年以上もお付き合いのある友人が、古民家を買って移住し、そこを終の棲家にするという。

今までお世話になった、またこれからもお世話になることに感謝して、小さなコンサートを開きたいとのこと。

ではご協力しましょうと、仲間数人と車で2時間ほどかけて現地へ。




地名が高屋敷と言うだけあって、小高い丘の上に建つ築百数十年の古民家。

昔は養蚕が盛んだったので、室内で蚕を飼うためにすごく大きな家です。


018_201903312057291c7.jpg

庭先に立つと目の前にどーーーーんとそびえるのは移ケ岳。



029_2019033120573230b.jpg

今回のコンサートは急に決まったものなので、準備も忙しい。

スタッフは5人だけ。そのうち男性二人が駐車場の案内とお客さんの誘導に、女性二人が受付と会場準備に。

残る一人、私が全体進行、司会、記録、などなどの雑用にあたる。


家で咲かせて持って行った桜がちょうど満開に。


囲炉裏のある玄関の土間がステージで、お客さんは座敷に座って見て頂く。


ご近所などにお声掛けしたが、何人集まるかは想像がつかなかった。

101_20190331214733956.jpg

下の幹線道路からの長い坂道をゆっくり上ってくる人が見える。

50人かな?60人かな?などと話していたが、時間になると続々と人が訪れて、総勢100人に。

広い座敷もぎっしりになりました。



司会の仕事として開演前の前説から。

和やかな雰囲気になった所で第一部。


118_20190331205753979.jpg

民話の語り部です。

演者はやはり20年前から親交のあるかた。


軽妙な語りに会場は笑いに包まれたりジーンと来り・・・。


119.jpg

途中の休憩時間には御当主さんからのあいさつや、飛び入りのピエロが笑いを誘いました。


133.jpg

第二部は語り部さんから一転、ドレスに着替えたプロ歌手による新春シャンソンショー。

聞き覚えのある名曲を次々に披露してくれました。

圧倒的な歌唱力に皆さんうっとり。


途中、玄関をがらりとあけた郵便屋さんが郵便物を差し出して、

思わず受け取ってしまうハプニングに会場が湧きました。

写真で手に持っているのはその時の郵便物ですね。


142_2019033120575952f.jpg

予定時間をオーバーしての熱演に皆さん満足されたようです。

「また来年もやってね」との声も多かったのですが、難しいだろうなー。


093_20190331205731124.jpg

御当主夫妻を囲んで記念写真。

前列左端が私です。そう、友人は私より20歳も年上です。

ああ、楽しいコンサートだった。友人にも喜んでもらえてよかった。


また2時間ほどかけて帰ってきましたが、私にはもう一つ仕事がある。

2台のカメラで撮った写真を取り込み、良いものを選んで編集、フォトブックの原稿を作り

注文しました。

週末にはアルバムになって届くので、それを各人に発送して終了です。

ああまた楽しみが出来た。


スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .