≪05月   2011年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のこと、山奥の舗装された林道を走っていると道の真ん中にカタツムリがいた。

危なく轢きそうになったそのカタツムリの特徴のある縞模様。

走りすぎてから戻ってよくよく見れば、やっぱりそうでした。




殻の直径が4センチぐらいの立派なカタツムリ、殻の口が反り返っているのでこれ以上は大きくなりませんね。


ずいぶん前にこのカタツムリを長く飼っていたのを思い出す。

下に土を入れた飼育ケースで飼っていると、あるとき土に穴を掘って卵を産んだ。


その卵からは小さな小さなカタツムリがいっぱい孵って、それをたくさんの人にあげたっけ。


今もまだ継続して飼っている人はいるかな?

「カタツムリを10年飼った・・・」という話を聞いて、飼育の記録にチャレンジしてもらったんだけど。



あ、このカタツムリは遠くに行くことになるかもしれません。
スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。