≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
ゴンのお散歩・・・
我が家に居る柴犬のゴンは、今年15歳、人間の歳なら何歳ぐらいだろう。

この頃すっかり老犬の雰囲気、目も耳も足腰も弱っている様子。

毎年今頃は食欲が落ちるのだが、当地はそれほどの暑さにはならないので、今年は食欲が落ちないようだ。


昨日の朝、いつもの様に餌をやりに行くと気が付かないで寝ているので、地面をどんと踏んでおどかしたらゆっくりと頭を上げた。


と、その時に私の背中に電気が走ったような痛み。

それが何かは一瞬でわかった。近くにアシナガバチの巣があって、振動に驚いて刺したのだろう。

一度離れたところから天井を見ると、やはりそうであった。

これは仕方がない、正当防衛だ、退治しよう。

小さな脚立と殺虫スプレーを持ってきて、シューーっとやると何匹かの蜂がどこかへ飛んで行ったので、棒で巣を落として終了。

ついでなので、他にも巣が無いか探して見ると旧宅や小屋の庇に7つの巣を見つけたのでこれも退治しておいた。

ちなみに刺された背中は一時は痛かったがそれほど腫れもせずに済んだ。


夕方のゴンとの散歩を・・・



ゴンに負担がかかるので、散歩は長い紐をつけてゴンのペースで広っぱを歩かせる。

散歩の初めの頃は元気に走り回っているが、すぐに疲れるようだ。


DSCN2977.jpg

いつもの芝生のキャンプ場に来ると、芝生にスリスリ。

気持ちいいのかずっとやっている。


DSCN2987.jpg

冬毛の時は感じないが、毛が抜けて夏毛になるとやっぱりやせたね。

体重は10キロを割り込んだろう。

顔つきも変わってきた。


DSCN2992.jpg

夕方の陽が照らす道で。


DSCN2994.jpg

長い影を追いかけて、もう少し歩こうかな・・・・。
スポンサーサイト
蜜蜂近況・・・
ちょっと前から欲しいと思っていた充電式ドリルドライバーを買いました。



日立のホビー用のモデルですが、電池パックが二つ付いていてお値段も安く、私の使い方には充分なものでしょう。

私の使い方と言うのは、蜜蜂の箱を継ぎ足す時、野外でビスを打つためです。


一昨日注文して今日届いたので早速山の蜂場に作業に向かいます。

DSCN2943.jpg

3段の重箱がずいぶん重くなっています。蜂は外で涼んでいますね。


DSCN2944.jpg

重箱を2段継ぎ足して5段にしました。

これからの暑い季節はそれほど巣が伸びませんが、秋になって涼しくなるとまた伸びてきます。

秋までにこれが満杯になるといいなー。


DSCN2948.jpg

もう一群、廃屋の庇の下に置いてある群。


DSCN2953.jpg

こちらは箱の外寸も大きいのですが欲張って5段に。


DSCN2951.jpg

ちょっとぼけていますが、箱の中は3段目まで巣が伸びています。

今日、継いでやって良かった。


DSCN2955.jpg

こちらは自宅裏の杉林の中。

箱がずいぶん重くなっているな・・・。


DSCN2958.jpg

底部を外して見たら、巣板がそこまで伸びていました。これも今日継いで正解でした。

ひとつの箱に接ぐためにはビスを12本ぐらい緩めたり閉めたりします。

新しいドライバードリルは回転数も微妙に調整できるので使い易いです。

山の蜂場に置き忘れたりしなければ、10年以上は使えるでしょうね。
スグリのジャムをつくる・・・
連日暑い日が続きます・・・

とは言ってもここは高冷地、日中の気温が30度を超えることはめったにありません。

昨日の夜は気温が20度を下回って、窓を開けていると寒いぐらいでしたね。



ずいぶん前から植えて居るブルーベリーが今年もたくさんの実をつけています。

以前ニワトリを飼っていたころは、夕方外に出すと届く所の実をほとんど食べられてしまいました。

もったいないので今は好きな人にあげています。

自分の家にあるとそれほど食べないものですね。


DSCN2921.jpg

私がブルーベリーより好きなのはこれ、スグリの実です。

赤く熟した実は懐かしく、美味しいものです。

仕事の合間につまんで食べていますが、これもたくさんあるのでもったいない。

はじめてジャムを作ってみることにしました。

DSCN2929.jpg

スグリの木には鋭い棘があって、これに気をつけながらこのぐらいはすぐに採れます。

ただ、このあと柄と花柄をとるのがすごく面倒です。

きれいに洗ったら厚めの鍋で砂糖を入れてコトコトコトコト・・・。

出来あがったジャムはやはり酸っぱい。

こんがりと焼いたパンに塗って食べると美味しいでしょう。


このスグリ、日本中にあると思ったら、冷涼な気候の所にしかないようですね。

まだ青い実を果実酒にしてもおいしいので、スグリの木を大事にしておこうと思います。


DSCN2913.jpg

ずっと気温が低くて野菜の生長が遅れていましたが、このところの暑さで一気に育っています。

とくに食べきれないほど採れるのがキュウリ。

キュウリはサラダや漬物でしか食べないとすぐに余ってしまいます。

そこでキュウリをたくさん食べるには・・・キュウリもみでしょう。

この麺のようにキュウリを細く切るのは当地のソウルフード。

キュウリは出来過ぎるほど大きくしたものがいいです。おろし器で細長くおろしたら塩でよくもんで水を切ります。

食べる時はその上に、鯖の水煮の缶詰を汁ごとかけて、醤油をかけて頂きます。

上にのせるのは鰹節でもツナ缶でも、焼いた干物をほぐしたものでもいいでしょうが、やっぱり一番合うのは鯖の水煮ですね。

キュウリ、ナス、ジャガイモ・・・季節の野菜で食卓がにぎやかです。
帰りました・・・
家の敷地内に、旧宅があります。

4月に父親の介護のために夫婦でそちらに移り、お風呂やパソコンは新宅で・・・と、二重生活をしていました。

だんだん慣れてくると、そちらの生活も捨てがたい良さがある。

で、なかなか新宅に帰れなくなっていましたが、先週末に新宅に移りました。


実は移る前にどうしてもやりたかったことがあります。

それは、旧宅の大掃除。

10年前に新宅を建てて移る時、古い荷物はそっくりそのままにして来ていたのです。

子どもが小さかったころからの学用品や洋服など、大きなビニール袋を買ってきてそれに入れて清掃センターまで運びます。

軽トラックで5台ぐらいは運んだでしょう。

先週末は、最後にいらなくなった布団を軽トラック一台分運びました。

ふう、これですっきりして新宅に移れます。


今年は異常気象で梅雨だというのに全く雨が降りませんでした。

毎日夕方、野菜に水を上げていましたが、今日の午後、強い雨が降りました。

この雨は明日も続きそうです。

これがやむと梅雨も明けるのかな。
自然の恵み・・・
夕方草刈りをしていると、ツンと伸びたシオデを発見。

そうだ、今頃がシオデを摘む時期だった。以前書いた日記はこちら


草刈りを終わらせて、いつもシオデを摘んでいる裏山を歩くと、ドンピシャで採り頃の新芽を見つけました。

今年はいつもの年より一週間ぐらい遅れているようです。


夕食時に、茹でたシオデが出てきました。

これに鰹節とマヨネーズをかけて、しょうゆをかけて頂きます。


うーん、美味しい山のアスパラガス。本物のアスパラガスも作っていますが、これはこれで独特の歯ごたえがたまりません。


そういえば、去年は一掴みのシオデを妻の実家の母親に届けてあげたっけ。

数十年ぶりに食べるその味に感激していたそうです。

今年はすぐに届けられないので、半分ぐらい茹でて冷凍保存しました。

あとで届けてあげようと思いますが、美味しく食べられるかな。


今夜は試し掘りした新じゃがと真竹のタケノコのみそ汁も食べた。

これも季節を感じるものなんだなー。
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.