FC2ブログ
≪10月   2019年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
何でもない日に乾杯・・・
毎晩欠かさずに何かお酒を飲むのですが、いろいろ買ってあるお酒が全部無くなる日がある。

そうだ、こんな日に頂き物のとっておきを開けましょう。




大七酒造の純米大吟醸「箕輪門」

馥郁とした香りはまさに大吟醸です。


いつか特別な日に開けようと思っていたが、今日がその特別な日でした。

スポンサーサイト



ウナギをペットに・・・
ネット上で、ウナギをペットで飼うと可愛いとの動画を見た。

小さなウナギに餌を上げて大きくする養育(肥育)とは違って、純粋にペットとしてだ。


家でも飼ってみようかな。

確かメダカを飼っていた小さな水槽があるはず。

確かに全部セットで揃っていたので、水を入れて準備しておいた。


ウナギを釣りに行くと、ある程度大きなかば焼きサイズも釣れるが、小さなウナギも釣れる。

一回の釣行で7匹もリリースサイズが釣れることもあるほど。


先日はちょうど手ごろな25センチ程度のウナギが釣れたので、リリースせずに持ち帰り水槽に。





水槽の中には文字通りうなぎの寝床となるビニール管や、隠れ家になる植木鉢を入れてあげた。


予想通り塩ビ管の中でじっとしていることが多いが、それでは姿が見えなくてつまらないなーと思っていたら・・・


028_2019110520433566d.jpg

植木鉢の隠れ家も気に入ったようで、穴から頭だけを出して辺りをうかがっている。

その姿は昔流行った「レッドスネーク、カモーン」みたいで面白い。

部屋の中は暖かいので一年中その愛嬌のある顔を見られるでしょう。


また、飼育してみてわかることもたくさんあると思うとワクワクします。



036_201911052043366ba.jpg

部屋の中にカマキリが入ってきた。

実は二日前にも入ってきて外に逃がしたはず。

よほどお家が気に入ったかな。


せっかくなので、腕の上にのせてじっくり動きを観察しました。

うーむ、カマキリは前足は狩りをする鎌として使って、残りの足で移動するように漠然と思っていましたが、これは間違い。

一番前の足、鎌を使って歩くんですね。

また一つ勉強になりました。
農作業日和・・・
今日は風が強かったものの、秋晴れでまさに農作業日和。

里芋以外は収穫も終わったので、片づけ作業をしました。




毎年春に、有機肥料を1t買ってダンプで運んでもらっています。

牛糞ともみ殻、落ち葉を高温で発酵させたもので、いろんな野菜に使っていますが、半分も使いきれませんね。

毎年この時期に残った分を、例の最強ピンクレディーと言う運搬車で植木にあげています。


006_2019110420142668b.jpg

広っぱに植えたサクラはだいぶ花を付けるようになって来ました。

楊貴妃・関山・横浜緋桜・仙台屋など、花のきれいなことで有名な品種を植えて居ます。



010_20191104201426e34.jpg

ヤマブドウの根元にも・・・



020_20191104201428914.jpg

赤く色づき始めたブルーベリーにも。


他にもツツジやトチノキ、サワフタギなどにもたっぷり与えました。

来年もきれいに咲いてくれますように。


007_20191104202828363.jpg

去年の春(2018年)に接ぎ木した三尺フジがだいぶ良くなりました。

三年目となる来年には花を咲かせるのか?

花芽は葉芽よりふっくらしているので芽を見ればわかるはずなのですが、まだ咲いたことが無いのでよくわかりません。

来年の春のお楽しみとしましょう。
家庭菜園の日・・・
家はポツンと一軒家のような環境ですが、今頃の朝は霧が立ち込め幻想的な風景が楽しめます。



ずっと向こうに見えるのがマイキャンプ場。

先週は若い人たちがキャンプしていました。


005_20191102190653803.jpg

さて、家庭菜園の様子をご紹介。

玉ねぎの苗100本を植えました。

ラッキョウ、ニンニク、玉ねぎのアリシン三兄弟を作っていますが、毎年重宝しています。

玉ねぎは今年2年目なので勉強中です。


007_20191102190652788.jpg

8月に植えたラッキョウは芽が育って花を咲かせています。



009_20191102190655214.jpg

種を蒔いて苗作りからやっている白菜。

8月末に植え付けたものが順調に育っています。

今年は天候不順で葉に腐れが入っている家もありますから。

あと2,3週間後には結球するでしょう。

収穫は秋も深まったころです。


022_20191102190655e6b.jpg

エゴマは刈り取って乾かしています。

お天気が続いたらブルーシートの上でたたいて実を落とし、ごみを取り除いたり洗ったりと手間がかかります。



015_20191102190654e9b.jpg

半日かけてサツマイモの掘り取り。

ツルを除いて片づけるのが大変。

掘るのは簡単です。

今年は無肥料で作ったので芋の育ちはイマイチですが、味はいいようです。

50本の畝を3列、150本植えましたが良く出来たのもあれば全く駄目なものもある、これも天候不順のせいでしょうか。

来年は肥料を工夫してみます。

今年駄目だったのはカボチャととろろ芋。

カボチャは雌花が付かなくて、収穫が減りました。

とろろ芋は生長が思わしくない。

秋の芋が太る時期に低温と長雨が続いたせいでしょう。

来年はとろろ芋の作付をぐんと減らします。


024_20191102190656bf0.jpg

前の山の木々が紅葉しませんね。

今年は紅葉が遅れているのかな?

当地ではすでに霜が降りたのですが。



025_20191102190658425.jpg

高い空に飛行機雲が・・・

あの飛行機の中から地上を見下ろしている人も居るんだろうなー。
ウナギを捌く・・・
何度かウナギ釣りに行き、釣ったウナギは大きな桶で活かして置きました。

今日は雨ふりなので、外の仕事が出来ないのでウナギを捌こうかな。



太くて大きなもので70センチ近いウナギが3匹、後は中ぐらいので全部で13匹。

やりがいがあります。


一昨年ウナギ釣りを始めた頃に比べれば、捌くのが上手になりました。

ただ、捌きながらフィッシュロースターで白焼きをするので大忙しです。

また、今まで頭や肝は捨てていましたが、ウナギは無駄にするところがないということで・・・。


006_201910291817078a4.jpg


ウナギの頭は「半助」と呼ばれて料理法があります。

頭も半分に開いて良く焼いてタレをかけると半助のかば焼き。

骨は固いので、身の部分だけチュウチュウと頂きます。



009_20191029181710eb1.jpg

肝は浮き袋と苦玉を外してきれいにしごいたら、たれをつけてよく焼きます。

これはコリコリしておつまみに美味しいですね。


骨は油でじっくりと上げて骨せんべいに。

これは前からやっています。カルシウムの補給です。


008_20191029181709b71.jpg

また、みりん・酒・醤油を同じくらいの割合で煮立たせ、良く焼いた頭と骨を入れてコトコトと煮込むとかば焼きのたれに。

自家製のたれで焼いたかば焼きは、また格別の味です。


ウナギ釣りはあと2,3回は行きたいと思っています。


狙うは80センチ台の大物ですが、果たして釣れるでしょうか。


Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .