≪04月   2017年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなのどうですか??
友人からバーベキューコンロの製作を頼まれた。

これがまた特別注文で、ヒツジ一頭が焼けるぐらいの大きさでとのこと。勿論丸ごとじゃなくてブロックに分けてでしょうが。

ネットでドラム缶で作ったコンロを見て、こんなふうにと写真も持ってきたが・・・

いや、うちで作るならもっとかっこよく作りますよ。


IMG_0679_20170425223914c35.jpg

で、こんな風に作りました。

網を置く台までの高さが80センチ、キャスター付きで移動は自由です。

ドラム缶の炭を入れるところは傷みやすいので、傷んだら取り換えられます。


よーく見ると・・・ドラム缶が載っている台の下にジャッキが見えます。

そうです、炭を入れたドラム缶が火加減によって上下に動かせるのです。

何でも、5月末に大きなイベント会場で大ぶりな肉を焼いて振る舞うそうですが、注目を浴びれば写真も撮られるでしょう。

その時あんまりな道具立てでは引いちゃいますよね。


うひひ、写真を見てどこかからまた同じような注文が来ないかなー・・・


スポンサーサイト
何と言いましょうか・・・
この頃よく中国系の廃品回収業者が歩いている。

先日も初めて来た人が寄ってくれた。

「シャチョー、ナンカナイカ?」

「何にもないなー・・・」などとトラックの荷台を見ると、エンジン付きのポンプが載っている。

「シャチョー、コレホシイカ? 2センエン、2センエン」と言うのを押しとどめ、代わりに何倍かの重さの鉄屑を上げようと言うことで商談成立。


さーて、これはどうしたものか?

先ずエンジンはかかるのかな? スターターロープを引こうとするが、引けない!!

うーむ、エンジンの焼き付きか、はたまたポンプ部に石でも入ってプロペラが引っかかったか?

ウンウン、面白くなってきたぞ。

まずはプラグを外してシリンダー内を見てみよう・・・。

あーーーーーっ、水が入っている。

エンジンを傾けると地面に水が出てきた。

これは不思議だ、なんで水が入ったんだろう。


と、そこへいつもの農機具仲間。

「あ、ちょうど2インチのポンプが欲しかったんだ。直しましょう」とのこと。

ではでは・・・まずはあらゆるパーツを外してバラバラにしましょう。

シリンダーヘッドを外して、場合によってはピストンも抜くか?

外していくと、マフラーの付け根にも水が入ったあとが。

おそらくキャブも駄目かな。


タペットを外してシリンダーが見えた。すでにプラグの穴からたっぷり潤滑剤を入れておいた。

ピストンの頭に当て物をして、静かにたたくと・・・動いた。

ふー。動けばこっちのもの。

焼きついていたわけではなかった。シリンダー内面はコンパウンドで少し磨く。


さああとはもとのように組み立て。

キャブレターは一応ばらばらにして清掃。

燃料のラインにはやはり若干の水が。

オイルにも水が入っているかもしれないのでオイル交換。


で、スターターを引くと・・・エンジンがかかりました。吹け上がりも快調です。


ポンプの吸い込み口に水道の水を入れてみると、上から勢いよく水が出ます。ポンプも正常。



a href="http://blog-imgs-104.fc2.com/m/i/t/mitsubachi567/IMG_0675.jpg" target="_blank">IMG_0675.jpg

ひどく泥が付いていたので丁寧に水洗いして、一丁上がり。

ここまで約3時間の作業でした。


うーむ、あの汚れからして田んぼの畔から転倒してキャブが水を吸ってしまいエンジン停止。

そのまま放置したのでシリンダー内が固まってしまったのか? 水に関してはなぞが残ります。


これだけのポンプ、買えば結構なお値段。

芸は身を助けるということですかねー。
お宝だー・・・
我が家にはヤマツツジの古木がある。

今年94歳になる父が若いころに山採りして植えたもので、もちろんその時もある程度大きな木であったろう。

そのツツジがここ数年弱ってきている。

幹に虫が入ってしまって、虫は退治したが樹勢は戻らない。




このツツジを何とか蘇らせようと、周りにあった霧島ツツジなどは違う場所に移植した。

また、根の周りを掘ってそこに木炭と有機肥料を入れてみよう。

約60キロの木炭は、やはり父が30年ぐらい前に趣味で焼いたもの。

たまに使っていたが、まだ3袋ほど残っていた。

今でも充分使えそうでもったいないナラ炭だが、こんな使い方なら納得するでしょう。



炭を探すために物置の中をごそごそやっていると、得体のしれない一升ビンが20本ぐらいある。

むむ、これは・・・

IMG_0663.jpg

透明なペットボトルに移し替えてみると、これは充分に熟成された木酢液でした。

ああ、当時も木酢液は何かに使えると話題になっていたな。


採ったばかりの木酢液はまだ荒々しく刺激が強いので、しばらく熟成させて使うのが良いという。

この30年物の木酢液は、ちょっと舐めてみるとまろやかな木酢の味と香りがする。


おお、これもお宝だ。

500倍ぐらいに薄めて自家用野菜の葉にかけ活力剤として使ったり、たくさんある唐辛子を漬け込めばアブラムシの防除液もできるな。

大事に使いましょ。

夢への一歩・・・
自分でブドウを栽培して、それでジュースやワインを作りたいなー・・・と漠然と思っていてもなかなか実行に移せないでいました。

・・・が、ようやく重い腰を上げましたぞ。



今日は改良された山ブドウの苗、7本を植え付けました。

6本の雌木と1本の雄木です。

去年まで野菜を作っていた畑が今年から空くのでちょうどよかった。


IMG_0615.jpg

山形県で有名なワインの産地の品種で、苗も立派なものですね。


IMG_0613tori.jpg

もう芽が動き出しています。

この芽を傷めないように、大事に育てましょう。

今年は枝を出させ、来年は横に長い支柱を作り、3年目にはある程度の結実を見たいですね。


勿論ワインはまだまだ先の話ですが、まず一歩を踏み出さなければ何も始まりませんから。


埋め立て工事終了・・・
冬の間に土砂を運んでしばらく中断していた埋め立て工事ですが・・・

IMG_0600トリミング

先週パワーショベルを持ってきて仕上げの工事をしました。

ちなみにこの写真はジオラマ風に加工してみました。


IMG_0623.jpg

一日で仕事が終わりました。


IMG_0631.jpg

草の生えていないところが今回広くなった分。

約200坪ぐらいでしょうか。


IMG_0633.jpg

もとの地盤から5メートルぐらい高くなりました。


IMG_0639_201704161809599e3.jpg

ずっと気になっていた進入路が広くなりました。

これで草を刈る手入れがずいぶん楽になるでしょう。

あとは、雨が降った時の水のたまり具合を見て排水パイプを埋める予定です。


土地が広くなっても特に何か作物を作る訳ではありません。

管理がしやすくなっていれば、いつまでもきれいにしておける、ただそれだけですが・・・。
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。