≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
ミヤマカラスアゲハ・・・
先の新盆の日記にも載せた精霊馬、ナスやキュウリで作った馬に祖先の霊が乗ってくるという風習だが・・・



今朝、妻が採ってきたナスがいい形。

今はやりのポッチャリ系の馬を作ってみました。

昔の記憶で、トウモロコシのひげで尾っぽを付けたような・・・。

やってみたら、やっぱり尻尾を付けたほうがいいですね。


018_2017081620142308e.jpg

午後から出かけた林道ドライブ。

林道に水が出ている所で吸水するミヤマカラスアゲハのオスを発見。

雌は絶対に吸水しません。


027_2017081620142597f.jpg

写真ではわかりませんが、吸水しながらおしっこをしています。

体の中をきれいにしているのかな。ミネラルだけを摂っているのかな??


023_201708162014246e3.jpg

羽を広げて美しい姿を見せてくれました。

暗い林道でひときわ輝いて見えますね。

この林道に日本蜜蜂を2群置いているのですが、蜂もチョウも自然の恵みを充分に受けているようです。
スポンサーサイト
新盆でした・・・
今年5月に亡くなった父の、新盆供養をしました。

この頃は当地方でも料亭などの会場で、近親者のみで行う事も出てきましたが、うちは旧来の自宅で行う供養にしました。

私たちが暮らす新宅では狭いので、父が暮らした旧宅で行います。



亡くなった霊が茄子の馬で戻ってくるとの言い伝えで、ナスの馬を作ってお供え。


006_20170814185429f5c.jpg

盆棚を飾り、親戚から送られた大きな盆提灯や回転灯篭を飾ります。

2,3日前からポツリポツリと盆礼に訪れる人が居ます。

同じ日に新盆を迎える家の方々です。


021_20170814185429349.jpg

13日には迎え火を焚きます。

これも恒例になった丸太の木ロウソクに火をつけると・・・


026_20170814185431674.jpg

この後2時間ぐらい燃え続けました。


043_20170814185432cc8.jpg

今日は朝から一般の盆礼のお客さんが見えます。

「昔、おじいさんの新盆を貰っていたのでそのおかえしに・・・」などと、30年も前の義理を返しに来るのです。

その義理堅さをうっとおしいと感じる人も居れば、田舎独特の血縁の強さと感じて好ましく思う人も居る。

ともあれ、こんな風習をいっぺんに変えてしまうことはできません。


午後には菩提寺の住職が来て法要。

その後、子供や孫、近い親戚などでの会食です。

孫がお嫁さんを貰ったりしてどんどん親戚が増えていきますが、こんな機会に一堂に会することで親交を深めていくわけです。

父にも、いい供養になったと思います。


夕方、みんなが帰ってまた元の静けさがもどってきました。

ずっと気になっていた新盆供養が終わってほっとしましたねー。


キリギリスを飼う・・・
玄関に置いた飼育ケースの中で、一昨日捕まえたキリギリスが鳴いています。

飼育していると、夜中でもあの独特の「ギーーッ、チョン」。


私はこのキリギリスの声が大好き。


ずいぶん前、私が子供の頃、毎年捕まえたキリギリスを飼っていたっけ。

秋も深まると、だんだん声がかすれて来たり途切れたり。

やがてその声も聞こえなくなってくると、秋が深まってきたことを実感しました。


私の家の周りでは、今や全くいなくなってしまったキリギリス。

十数年前に数匹の雌のキリギリスを放して復活を試みたが、数年でまた声が聞こえなくなった。

今年はもう少し数多く放して来年以降に期待しようかな。


虫の声に風流を感じるのは日本人だけの感覚だとか・・・。

ゴンのお散歩・・・
我が家に居る柴犬のゴンは、今年15歳、人間の歳なら何歳ぐらいだろう。

この頃すっかり老犬の雰囲気、目も耳も足腰も弱っている様子。

毎年今頃は食欲が落ちるのだが、当地はそれほどの暑さにはならないので、今年は食欲が落ちないようだ。


昨日の朝、いつもの様に餌をやりに行くと気が付かないで寝ているので、地面をどんと踏んでおどかしたらゆっくりと頭を上げた。


と、その時に私の背中に電気が走ったような痛み。

それが何かは一瞬でわかった。近くにアシナガバチの巣があって、振動に驚いて刺したのだろう。

一度離れたところから天井を見ると、やはりそうであった。

これは仕方がない、正当防衛だ、退治しよう。

小さな脚立と殺虫スプレーを持ってきて、シューーっとやると何匹かの蜂がどこかへ飛んで行ったので、棒で巣を落として終了。

ついでなので、他にも巣が無いか探して見ると旧宅や小屋の庇に7つの巣を見つけたのでこれも退治しておいた。

ちなみに刺された背中は一時は痛かったがそれほど腫れもせずに済んだ。


夕方のゴンとの散歩を・・・



ゴンに負担がかかるので、散歩は長い紐をつけてゴンのペースで広っぱを歩かせる。

散歩の初めの頃は元気に走り回っているが、すぐに疲れるようだ。


DSCN2977.jpg

いつもの芝生のキャンプ場に来ると、芝生にスリスリ。

気持ちいいのかずっとやっている。


DSCN2987.jpg

冬毛の時は感じないが、毛が抜けて夏毛になるとやっぱりやせたね。

体重は10キロを割り込んだろう。

顔つきも変わってきた。


DSCN2992.jpg

夕方の陽が照らす道で。


DSCN2994.jpg

長い影を追いかけて、もう少し歩こうかな・・・・。
蜜蜂近況・・・
ちょっと前から欲しいと思っていた充電式ドリルドライバーを買いました。



日立のホビー用のモデルですが、電池パックが二つ付いていてお値段も安く、私の使い方には充分なものでしょう。

私の使い方と言うのは、蜜蜂の箱を継ぎ足す時、野外でビスを打つためです。


一昨日注文して今日届いたので早速山の蜂場に作業に向かいます。

DSCN2943.jpg

3段の重箱がずいぶん重くなっています。蜂は外で涼んでいますね。


DSCN2944.jpg

重箱を2段継ぎ足して5段にしました。

これからの暑い季節はそれほど巣が伸びませんが、秋になって涼しくなるとまた伸びてきます。

秋までにこれが満杯になるといいなー。


DSCN2948.jpg

もう一群、廃屋の庇の下に置いてある群。


DSCN2953.jpg

こちらは箱の外寸も大きいのですが欲張って5段に。


DSCN2951.jpg

ちょっとぼけていますが、箱の中は3段目まで巣が伸びています。

今日、継いでやって良かった。


DSCN2955.jpg

こちらは自宅裏の杉林の中。

箱がずいぶん重くなっているな・・・。


DSCN2958.jpg

底部を外して見たら、巣板がそこまで伸びていました。これも今日継いで正解でした。

ひとつの箱に接ぐためにはビスを12本ぐらい緩めたり閉めたりします。

新しいドライバードリルは回転数も微妙に調整できるので使い易いです。

山の蜂場に置き忘れたりしなければ、10年以上は使えるでしょうね。
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by まとめ.